« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

定点観察・船橋県民の森(船橋市)

2015年2月27日(金) 昨日雨がたっぷり降ったので船橋県民の森へ。前回1月23日と変わり映えはしないが、スギの倒木にフユノスギカワタケが沢山発生していたのと、キクラゲ類が元気なのと、シラカシの伐採木に大きなヒラタケが出ていたのが印象的。
《観察種》
1.アラゲキクラゲ、2.エゴノキタケ、3.エノキタケ、4.キクラゲ、5.コウヤクタケ科不明種、6.コガネニカワタケ、7.サルノコシカケ科不明種、8.シックイタケ、9.スエヒロタケ、10.タマキクラゲ、11.チャウロコタケ、12.ニクウスバタケ、13.ニセニクハリタケ、14.ネンドタケ、15.ハカワラタケ、16.ハナビラニカワタケ、17.ヒメキクラゲ、18.ヒメシロアミタケ、19.ヒメシロカイメンタケ、20.ヒラタケ、21.フユノスギカワタケ、22.ホウネンタケ、23.ミヤマチャウロコタケ
(写真は、左上から時計回りに、6、10、20、21の順)
Dsc07459Dsc07425Dsc07458
Dsc07477









| | コメント (2)

水元公園(東京都)

2015年2月25日(水) 午後から葛飾区の水元公園へ遠征、遠征といっても自宅から15㎞ほど、車で30分。樹木ときのこは、Img116菌根菌はもとより木材腐朽菌にしても非常に関係が深いために、きのこの少ない冬の間に専ら樹木の勉強に勤しむこととし、最近入手した池田書店発行の「葉っぱ・花・樹皮でわかる樹木図鑑」を持って行く。目標レベルを、樹皮を見ただけで樹木の種名が分かることに置くが、事はなかなかそう簡単ではない。
今日樹皮を撮影したのは、アカシデ、アカマツ、アキニレ、アベマキ、アラカシ、イスノキ(ヒョンノキ)、イヌマキ、イロハモミジ、エゴノキ、エノキ、オオバボダイジュ、カイズカイブキ、カツラ、カヤ、クスノキ、クマシデ、クマミズキ、クロガネモチ、クロマツ、ケヤキ、サルスベリ、サワラ、サンゴジュ、スズカケノキ、スダジイ、セイヨウトチノキ、タチヤナギ、タブノキ、チャンチン、ツクバネガシ、トウカエデ、トチノキ、トネリコ、ナンキンハゼ、ネジキ、ネムノキ、ハクモクレン、ハゼノキ、ハナノキ、ハンノキ、ヒメシャラ、フウ、ポプラ(イタリヤマナラシ)、マユミ、ミズキ、ミツデカエデ(ミツバカエデ)、メタセコイア、モクレン、モミジバフウ、ヤマボウシ、ヤマモミジ、ユズリハ、ラカンマキの54種類。
せめて中高木は樹皮だけで直ぐに和名が判るように、まだまだ勉強しなければ・・、まあ少なくとも惚け防止にはなる。

| | コメント (0)

ギョウジャニンニク出芽

Dsc071792015年2月23日(月) 家庭菜園に植えてある行者大蒜(別名アイヌネギ)が漸く出芽しました。今冬は寒かったために例年より一、二週間遅いようです。2011年春に苗を植え付けてから早や4年目、昨年ようやく一握りほど収穫しお浸しにして賞味しましたが、果たして今年は如何あいなりますか。

| | コメント (0)

シャトー・メルシャン アンサンブル 藍茜 2012年

Dsc069682015年2月22日(日) シャトー・メルシャン アンサンブル 藍茜(あいあかね) 2012年は、メルシャン株式会社(山梨県甲州市)が製造する赤ワイン、アルコール分12%でミディアムボディ、飲み心地が良く評価は☆☆☆。750ミリリットル瓶はネット販売の最安値でも1,210円。裏面のラベルの説明に拠ると、「日本で収穫されたブドウを100%使用し、日本に順応した国際品種(長野県産メルロー等)と、交配により生まれた日本固有品種(山梨県産マスカット・ベリーA等)をバランスよくブレンドし、品種が持つ特徴を紡ぎあう事で生まれる味わいのアンサンブル(調和)を、日本の伝統的な色になぞらえ「藍茜」という名前で表現しています」とのこと。この文面からは原料ブドウを混ぜて醸造しているようにも読めますが・・、恐らくは、それぞれのブドウ品種から出来上がった原酒を、ブレンダーが適切にブレンドして仕上げているのでしょう。

| | コメント (0)

フキノトウ

Dsc069692015年2月20日(金) 朝一、庭のふきのとう摘み、余りとうがたたないうちに。数個を残して8個収穫。今晩の夕食の天婦羅種、いよいよ春一番を味わいます。

| | コメント (0)

小説「魔の山」

2015年2月18日(水) 「魔の山」(新潮文庫版)を間もなく読み終える。昨年、スイス旅行でダヴォスを訪れた際に、彼の地がトーマス・マンの代表作「魔の山」の舞台と知り、読んでみようDsc06724と思い立ったもの。標高1500mを超える高原都市ダヴォスは、今でこそスイス屈指のスキーリゾートや世界経済フォーラム(ダヴォス会議)開催都市として有名であるが、もともとは結核など呼吸器系疾患のサナトリウムとして造られた町。「魔の山」は、第一次世界大戦(1914-1918)前の、日常世界から隔離され、病気と死に支配されたダヴォスの一療養所ベルクホーフが舞台であり、そこで7年間の療養生活を送ったカストルプ青年が、いとこヨーアヒムの死、ショーシャ夫人との恋、文学者セテムブリーニとイエズス会士ナフタとの間に繰り広げられる思想・宗教・哲学・政治に関する議論等に啓発されて、次第に人間的に成長していく物語である。高橋義孝の名訳ではあるが、議論の箇所の分量が多く、読み易いとはいえない。それでも文中に、宿泊したホテル・ベルヴェデーレや散策した展望台シャッツアルプが出てくるし、リンドウなどの高山植物も出てきて、情景が目に浮かぶ。また上巻544頁と下巻47頁にはきのこも出てくる。何故かアミガサタケと訳されているが、文中に『ラテン名には「淫らな」(impudicus)という言葉が付け加えられており、云々・・』とあるので、アミガサタケ(Morchella esculenta)ではなくスッポンタケ(Phallus impudicus)であろう。

| | コメント (0)

大吟醸 越後桜

Dsc065412015年2月16日(月) 越乃雪椿を飲み終え、次は同じ新潟県の酒、大吟醸・越後桜(えちござくら)を開けました。メーカーは阿賀野市山口町1-7-13の越後桜酒造株式会社で、アルコール分15度以上16度未満、原材料名は米(国産)・米麹(国産米)・醸造アルコールとあり、精米歩合は50%。楽天市場の最安価格は720ミリリットル入り瓶が1,080円です。吟醸香とまろやかさはそこそこ、味わいは越乃雪椿とどっこい。

| | コメント (0)

三島神社(君津市)

Dsc065552015年2月14日(土) 三島神社は千葉県君津市宿原844番地に鎮座し、祭神は大山祇命(おおやまつみのみこと)、古来より存するも創建は詳らかでない。いずれにせよ古い時代に伊豆国一ノ宮三嶋大社より分祀されたものであろう。
源頼朝が安房の地から北上し、この地を通過した折、何人かの家来がこの地に土着し、武道に励みながら当社に奉納試合として行ったのが始まりと伝えられる棒術と、竜頭を頭につけた親獅子・中獅子・牝獅子の三体が、腹部につけた小鼓(羯鼓)を撥で打ちながら踊る雨乞いの踊り、羯鼓舞(かっこまい)は、「三島の棒術と羯鼓舞」として千葉県の無形民俗文化財に指定されDsc06560ており、九月下旬頃毎年行われる祭礼の際に、宿原(しゅくはら)、奥米(おくごめ)、豊英(とよふさ)、旅名(たびな)集落の氏子によって演じられる。
房総スカイラインの北側にある大塚山(標高280m)に登る前に参詣し、山行の無事を祈願。入母屋造り銅板葺きの社殿は平成二十五年(2013)に改築されたばかりで真新しい。参道の両側に天を突く老杉がそびえ、御神木は夫婦杉の巨木である。境内には大きな金精様(男根)が祀られていたり、富士山大神など富士講の名残と思われる石碑などがあり見所が多い。

| | コメント (0)

寒茸三種

2015年2月13日(金) 2月9日の手賀の丘公園の寒茸狩りの成果はエノキタケがお吸い物三回分、キクラゲが焼きそば二回分、ヒラタケが味噌汁一回分ほど。寒の極の今の時期、降雨があっても成長は極めて遅Dsc06549く、二、三週間に一度採取できれば上出来。それと、天然きのこは付着するゴミ(土、落ち葉、木屑など)を取り除いて食べるまでにするのが一苦労、今の時期さすがにキノコバエ等の幼虫は入り込んでいないが、塩水に1、2昼夜浸け、1本(1個、1枚?)づつ丁寧にゴミ除きが入用。水道水は手がちぎれるほど冷たい。そこまで前処理しても我が家のシェフが快く調理してくれるとは限らず、時には万札を張り付けねばならぬ。福一原発事故直後の我が家の非核三原則、野生きのこは「採取しない」・「家に持ち込まない」・「調理しない」は最近漸く緩めてもらったが・・。あの事故がまっこと恨めしい。
Dsc06544Dsc06545

| | コメント (0)

津久井道散歩

2015年2月10日(火) 今日は、かつて勤めていた会社の同期入社のOさんが幹事を務める街道歩きに飛び入り参加、7:45家人に車で南柏駅へ送ってもらう。代々木上原と町田で乗り換え、JR相模原駅10:15到着。Dsc06536改札口前に集結したのは9名、自分以外の8名はレギュラーメンバー、今日はフルメンバーが勢揃い。先ずは相模原駅から淵野辺駅まで歩き、駅近くのそば遊彩大松に入り昼食。その後、やまねの坂(山王坂)→第六天坂→根岸橋→馬駈旧道→乱塔場跡→府中通り大山道→鎧堰跡→旧鎌倉街道地斎碑と歩いて自由民権資料館に入る。皆が一帯の地理地形に明るく歴史に詳しいことに感心する。道標や庚申塔、道祖神碑などを的確に探り当て、建立年や碑銘を確かめつつ進む。当方はほぼ拉致状態、歩くペースが速いので、ついて行くだけで精一杯、コンクリ道歩きは山歩きより余程疲れる。鶴見川旧河川跡を経て小田急線鶴川駅到着、ようやく13㎞を歩き終える。電車で町田駅へ出て、徒歩3分の函館市場函三郎町田店に入り打ち上げ、積もる話に花を咲かせる。そして、名物の活き烏賊造り、焼き牡蠣、牡蠣フライ、ザンギコロッケなどを食べ、キリンラガー生をたっぷり飲む。18:30お開き、21:00帰宅。

| | コメント (0)

定点観察・手賀の丘公園(柏市)

2015年2月9日(月) 今日は観察と云うよりもきのこ狩り、手賀の丘公園の秘密の原木栽培?箇所に寒茸採りに出向く。せっかくなのでいつものコースをひと回りしてみたが、前回1月27日からまだ2週間弱、寒の極の今はさしたる変化はなく、エノキタケとキクラゲとヒラタケの幼菌を各一食分づつ収穫しただけで早々に引き揚げる。
《観察種》
1.アラゲカワラタケ、2.アラゲキクラゲ、3.ウロコタケ科、4.エゴノキタケ、5.エノキタケ、6.カワラタケ、7.キクラゲ、8.クシノハシワタケ、9.コウヤクタケ科、10.シックイタケ、11.スエヒロタケ、12.センベイタケ、13.ダイダイタケ、14.ニクウスバタケ、15.ネンドタケ、16.ヒイロタケ、17.ヒメキクラゲ、18.ヒメシロカイメンタケ、19.ヒラタケ、20.マツカサキノコモドキ、21.ヤケイロタケ
(写真は、左上から時計回りに、8、12、18、19)
Dsc06511Dsc06479Dsc06489Dsc06501








| | コメント (0)

菜の花

20150207dsc064522015年2月8日(日) 昨日、鴨川市の東条地区で摘んできた菜の花です。一帯の菜の花畑には、「食用の菜花です(食べられます) ご自由に摘んでお持ちください 東条地区環境保全の会」の看板が立ち、車が次々にやってきては観光客と思しき人達が菜花摘みを楽しんでいます。最近の世知辛い世の中にはあり得ないおおらかさ、我々も有難く参加し、レジ袋一杯の大収穫。菜花は、出荷用に主茎を摘み取った後に伸びてきた脇芽が主体ですが、それでも家で食べる分には十分。菜花畑の持主様、誠にありがとうございました。

| | コメント (0)

庤(もうけ)神社(鴨川市)

Dsc064152015年2月7日(土) 庤(もうけ)神社は鴨川市西町の仲根集落に鎮座し、祭神は天大日霊貴命(あめのおおひるめむちのみこと:天照大神の異称)と天日和志命(あめのひわしのみこと)の二柱。創建は不詳であるが、治承四年(1180)に源頼朝が平家追討の祈願をしたと伝わり、拝殿前の古い狛犬銘が「寛政七卯年(1795)八月吉日奉納 願主西村 佐久間孫右門」と読める。由緒正しい古社の様である。
社殿の背後に聳える金比羅山と度祇巌山(とびいわやま)に登る前に、登山口にある同社にお参りし、今日の山行の無事を祈願する。(山行記は自惚山人ノオトの「542. 度祇巌山」参照)  

| | コメント (0)

晩白柚の果皮のグラッセ

Dsc064052015年2月5日(木) 晩白柚の果皮でグラッセを作りました。果皮の黄色い部分は意外と薄いので、白い綿の部分も一緒に短冊切りにし、水から煮て茹でこぼすこと2回、更に一夜冷水に晒して苦味を抜きました。水切り後、たっぷりの砂糖を加え弱火で煮詰めると出来上がり。爽やかな香りとまろやかな食感はお茶請けにぴったり。丸ごと1個分作ったので瓶に入れて冷蔵庫に保管し、暫らく楽しめます。

| | コメント (0)

多気不動尊(宇都宮市)

Dsc063772015年2月3日(火) 正式名は多気山持宝院(たげさんじほういん)、弘仁十三年(822)、日光開山の勝道上人の弟子尊鎮法師により創建された古刹である。宗派は真言宗智山派、本尊は天暦三年(949)制作と伝わる不動明王像であり、北関東三十六不動尊霊場第十八番札所に選定されている。所在地は宇都宮市田下町563番地。
多気山(標高377m)に登る序にお参り、今日は節分会なので近郷近在からお参りする人で賑わう。本堂前で不動明王の御真言「のーまく さんまんだー ばーざらだん せんだー まーかろしゃーだー そわたや うんたらたー かんまん」を三回唱え、家内安全をお願いする。お札御守り授与所で健足御守りを授かった後、13時から始まった護摩祈祷の読経を合図に山頂へ向かう。

| | コメント (0)

越乃雪椿

Dsc061932015年2月1日(日) 正月の祝い酒・獺祭(だっさい)の次に飲んでいる清酒は越乃雪椿(こしのゆきつばき)、同じく純米吟醸酒で、原材料は米(国産)と米麹(国産米)、精米歩合が60%、アルコール分15度以上16度未満。楽天市場で調べると、最安価格が720ミリリットル詰1本1,171円也。これ位の値段だと安心して飲めます。獺祭に較べれば吟醸香も甘さも控えめですが、小林幸子が唄う「雪椿」を聴きながら飲めばまずまずの味わい。製造元は、新潟県加茂市仲町3番14号の雪椿酒造株式会社であります。

| | コメント (0)

2014年度菜園収穫物備忘録

2015年2月1日(日) 2014年度に於ける家庭菜園の収穫物と量の一覧

玉ねぎ:白玉ねぎ 41個、赤玉ねぎ 39個

ジャガイモ:インカのめざめ 6.4㎏、インカルージュ 6.0㎏、アンデスレッド 2.6㎏

キュウリ:92本

ミニトマト:3815個

サツマイモ:安納紅 9.8㎏、安納黄金 9.7㎏、紅はるか 41.6㎏

サトイモ:41.6㎏

大根:冬どり大蔵 47本、辛吉(辛味大根)48本

その他:矩形自然薯、九条ねぎ、シシトウ、ミョウガ、ラズベリー、イチゴ、カリン

| | コメント (0)

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »