« 2014年度菜園収穫物備忘録 | トップページ | 多気不動尊(宇都宮市) »

越乃雪椿

Dsc061932015年2月1日(日) 正月の祝い酒・獺祭(だっさい)の次に飲んでいる清酒は越乃雪椿(こしのゆきつばき)、同じく純米吟醸酒で、原材料は米(国産)と米麹(国産米)、精米歩合が60%、アルコール分15度以上16度未満。楽天市場で調べると、最安価格が720ミリリットル詰1本1,171円也。これ位の値段だと安心して飲めます。獺祭に較べれば吟醸香も甘さも控えめですが、小林幸子が唄う「雪椿」を聴きながら飲めばまずまずの味わい。製造元は、新潟県加茂市仲町3番14号の雪椿酒造株式会社であります。

|

« 2014年度菜園収穫物備忘録 | トップページ | 多気不動尊(宇都宮市) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2014年度菜園収穫物備忘録 | トップページ | 多気不動尊(宇都宮市) »