« 定点観察・手賀の丘公園(柏市) | トップページ | 寒茸三種 »

津久井道散歩

2015年2月10日(火) 今日は、かつて勤めていた会社の同期入社のOさんが幹事を務める街道歩きに飛び入り参加、7:45家人に車で南柏駅へ送ってもらう。代々木上原と町田で乗り換え、JR相模原駅10:15到着。Dsc06536改札口前に集結したのは9名、自分以外の8名はレギュラーメンバー、今日はフルメンバーが勢揃い。先ずは相模原駅から淵野辺駅まで歩き、駅近くのそば遊彩大松に入り昼食。その後、やまねの坂(山王坂)→第六天坂→根岸橋→馬駈旧道→乱塔場跡→府中通り大山道→鎧堰跡→旧鎌倉街道地斎碑と歩いて自由民権資料館に入る。皆が一帯の地理地形に明るく歴史に詳しいことに感心する。道標や庚申塔、道祖神碑などを的確に探り当て、建立年や碑銘を確かめつつ進む。当方はほぼ拉致状態、歩くペースが速いので、ついて行くだけで精一杯、コンクリ道歩きは山歩きより余程疲れる。鶴見川旧河川跡を経て小田急線鶴川駅到着、ようやく13㎞を歩き終える。電車で町田駅へ出て、徒歩3分の函館市場函三郎町田店に入り打ち上げ、積もる話に花を咲かせる。そして、名物の活き烏賊造り、焼き牡蠣、牡蠣フライ、ザンギコロッケなどを食べ、キリンラガー生をたっぷり飲む。18:30お開き、21:00帰宅。

|

« 定点観察・手賀の丘公園(柏市) | トップページ | 寒茸三種 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 定点観察・手賀の丘公園(柏市) | トップページ | 寒茸三種 »