« 竹原散歩 | トップページ | 尾道散歩 »

引接山西方寺(竹原市)

Dsc079162015年3月16日(月) 西方寺(さいほうじ)は永禄三年(1560)方誉の開山と伝えられる浄土宗の寺、ご本尊は阿弥陀如来。所在地は竹原市本町三丁目10番44号、町並み保存地区の中心、本町通りの初代郵便局跡の角を曲がり、長い石段を上ると山門がある。境内の前面には城郭を思わせる壮大な石組があり、錚々たる寺観を呈している。本堂は元禄十五年(1702)の再建、本堂右手横の高台に位置する普明閣(観音堂、正式名は大悲閣)は宝暦八年(1758)の建築で市の重要文化財、京都の清水寺を模した舞台造りで、そこに登ると竹原市街を一望できる。普明閣は竹原市のシンボル的建物である。

|

« 竹原散歩 | トップページ | 尾道散歩 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 竹原散歩 | トップページ | 尾道散歩 »