« フキ | トップページ | 高尾山薬王院(八王子市) »

千葉菌類談話会通信31号

Img1242015年4月27日(月) 仙台から戻ってきたら、タイミング良く千葉菌類談話会通信31号が届きました。表紙は画家片山周子さん(当会会員)の素敵なきのこ絵、今号はアミガサタケが主役です。全76頁、年会費たったの1000円でこのように立派な会報を毎回頂いてよろしいのでしょうか。申し訳ない気持ちでいっぱいです。
ひととおり早速目を通しました。特に興味深かったのが山本充弘さんの「アステカへの誘い ウイトゥラコチェとマジックマッシュルーム」、古川久彦さんの「改訂-きのこの結婚-」、及び萩本宏さんの「森本彦三郎が菌床栽培法と原木栽培用菌種の発明に至った経緯の考察」。他では吹春先生の「きのこ・かび 関連図書の紹介」、いつも紹介文が楽しく的確なのでつい全冊揃えたくなります。編集委員の皆様、ありがとうございました。
(千葉菌類談話会通信の会報は、千葉菌類談話会のホームページで全号見ることが出来ます。興味と関心のある方はお訪ねください) 

|

« フキ | トップページ | 高尾山薬王院(八王子市) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« フキ | トップページ | 高尾山薬王院(八王子市) »