« アケビの若芽 | トップページ | ウメハルシメジ(Entoloma saepium) »

定点観察・手賀の丘公園(柏市)

2015年4月15日(水) 予報では午後から天気が急変し大荒れになると云うので、陽射しのある午前中に手賀の丘公園できのこ観察。風が強い。ようやく地上生の春きのこが出始め、アミガサタケ、アラゲキクラゲ、ウスベニイタチタケ、エノキタケ、オロシタケ、カラムラサキハツ、キクラゲ、キチリメンアケ、クシノハシワタケ、ハチノスタケ、ヒメキクラゲ、ブドウタケ、モエギビョウタケ?などを見る。(写真は、左上から時計回りに、アミガサタケ、ウスベニイタチタケ、カラムラサキハツ、ブドウタケの順)
Dsc08950Dsc089380120150415dsc08967Dsc08985








|

« アケビの若芽 | トップページ | ウメハルシメジ(Entoloma saepium) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アケビの若芽 | トップページ | ウメハルシメジ(Entoloma saepium) »