« 奥州観音霊場 第十三番 大聖寺(桑折町) | トップページ | 奥州観音霊場番外&奥の細道三十三霊場第二十七番 医王寺(福島市) »

奥州観音霊場 第十一番 天王寺(福島市)

Dsc092042015年4月23日(木) 香積山天王寺の所在地は福島市飯坂町天王寺11番地、ご本尊は聖観世音菩薩。

御詠歌:「てらさめと にこれる世にも じげんして 草木もともに ちかひもらさず」 

飯坂町の温泉街を抜けて8:20天王寺の駐車場に到着。境内整備の行き届いた立派なお寺さんである。観音堂である三済閣にお参りし、堂前で般若心経を唱える。三済閣は天正年間(1573-1591)に伊達政宗公の父、伊達照宗公の寄進により建立されたと伝わる。御堂の右横に立つ、嘉元二年(1304)、元享四年(1324)、嘉暦四年(1329)奉納の板碑三基、御堂の傍らに聳える樹齢五百年の天王寺大銀杏(福島県「緑の文化財」登録)を見物、一段下にあるぼけ除け延寿観世音菩薩(写真:平成十三年建立)に懇ろにお参りする。次は同じく飯坂町にある番外の瑠璃光山医王寺へ。

|

« 奥州観音霊場 第十三番 大聖寺(桑折町) | トップページ | 奥州観音霊場番外&奥の細道三十三霊場第二十七番 医王寺(福島市) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 奥州観音霊場 第十三番 大聖寺(桑折町) | トップページ | 奥州観音霊場番外&奥の細道三十三霊場第二十七番 医王寺(福島市) »