« モン族の村とタラート・ポーシー | トップページ | ラオス土産(3/4) コットンショール »

ラオス土産(2/4) ポーチ

Dsc099562015年5月4日(月) ラオス北部の山岳地帯に住む少数民族モン族は、森林保護の名目で生業の焼き畑農業を政府から禁じられ、今やキャンプ地(指定された場所に作られた新しい村)暮らし。伝統的織物製品を村の土産物店に並べ、観光客に販売することで細々と糊口を凌いでいる。タート・クアンシー滝見物の帰り、そんな村の一つに立ち寄り、ポーチ4個と綿製ショール2枚を購入する。値段はルアンパバーンのナイトマーケットより更に安く4個10$、気の毒になるほど。独特の渦巻き模様はカタツムリの殻をデザインしたものらしい。

|

« モン族の村とタラート・ポーシー | トップページ | ラオス土産(3/4) コットンショール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« モン族の村とタラート・ポーシー | トップページ | ラオス土産(3/4) コットンショール »