« グランビルアイランドとスタンレーパーク | トップページ | ウィスラー散歩 »

AAVA WHISTLER HOTEL

2015年6月11日(木) 16:50エーヴァ・ウィスラー・ホテルに到着、大型のコテージ風建物である。待つこと暫し、割り当ての374号室に入る。セミダDsc00377ブルベッド2台、書き物机に椅子、空の冷蔵庫、LG製薄型テレビ、アイロン、ズボンプレッサー、ドライヤー、目覚まし時計、セーフティーボックス、更にキューリグ(KEURIG)社製のコーヒーメーカーまで揃っており至れり尽くせり、ラオスのホテルに較べると夢の様である。バスルームは浴槽付き、バスローブがありタオルは予備も含め3組、石鹸・シャンプー・コンディショナーは勿論ティッシュボックスもある。水洗トイレの水流も勢いがあり安心。クラブツーリズムのランクではスーペリアクラスであり、少なくとも四つ星相当の高級ホテル。18:10ロビーに集合し、徒Dsc00384歩10分のBLACK'S RESTAURANTへ夕食に出る。前菜はパンケーキ付きトマトスープ、メインディッシュがサーモン料理、デザートはチーズケーキ。紅鮭の切り身が大きく、下敷きのマッシュポテトもどっさり、チーズケーキもばかでかい。その上いずれも味がいまいち、とても食べきれない。ビールはモルソン・カナディアンの小瓶を飲む。定価は6C$であるが、サービス料0.9C$、国の消費税(GST)0.3C$、酒税(Liquor Tax)0.6C$が付加され合計は7.8C$也、12オンス(英国オンス:341ミリリットル)の小壜が850円、日本のレストランより余程高い。20:00ホテルに戻る。外はまだまだ明るい。日没は21時頃の由。風呂に入り歯磨きもしてさっぱりすると22時、長い長い一日が漸く終わる。(続く)

|

« グランビルアイランドとスタンレーパーク | トップページ | ウィスラー散歩 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« グランビルアイランドとスタンレーパーク | トップページ | ウィスラー散歩 »