« バンフ国立公園・モレイン湖 | トップページ | エメラルド湖畔散策で出逢った花 »

ヨーホー国立公園・エメラルド湖

2015年6月16日(火) モレイン湖を出発し、11:00レイク・ルイーズ観光情報センターにてトイレ休憩。レイク・ルイーズの人口は500人ほど、殆どがホテル従業員の由。情報センター内のDsc01172展示は充実しており、特にカナディアン・ロッキーに棲息するオオカミ、グリズリー(灰色熊)、ムースなどの剥製は一見の価値がある。アルバータ州とブリティッシュ・コロンビア州の境にある大陸分水嶺、国道1号線で最も標高が高いキッキング・ホース峠(Kicking Horse Pass:標高1627m)を越えヨーホー国立公園に入る。ヨーホーとは先住民クリー族の言葉で「素晴らしい!」と云う意味。ラフティングの名所キッキング・ホース川を左に見ながら走り、鉄道関係者が住む人口300人の小さな町フィールド(Field)を通過して、11:50エメラルド湖駐車場到着。40分ほど湖畔を散策、エメラルドグリーンの湖とそれを取り囲む山々のDsc01160景色は素晴らしいく、湖畔の草原を彩る花は、オダマキの仲間、ゴゼンタチバナ、シロバナノヘビイチゴ?、セイヨウノコギリソウ、チゴユリ?、ブラック・ツインベリー、ミヤマキンポウゲ?、ユキザサ?、ランの仲間(ストライプド・コーラルルート)、ワスレナグサなど。かくも風光明媚の地に僅か40分の滞在では余りに勿体ない。長い木の橋を渡った先にあるメインロッジのテラスでのんびりお茶でもしたいところだが・・。12:40稲荷寿しと巻きずしが入ったお弁当を受け取りバスに戻る。この3日間お世話になった現地ガイドの佐藤厚さんとは名残惜しいが此処でお別れ、色々親切に教えてもらい大感謝。今日はこれからカムループスまで佐野さんの運転で600㎞を走る。

|

« バンフ国立公園・モレイン湖 | トップページ | エメラルド湖畔散策で出逢った花 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« バンフ国立公園・モレイン湖 | トップページ | エメラルド湖畔散策で出逢った花 »