« カナディアンロッキー国立公園めぐり 八日間 | トップページ | AAVA WHISTLER HOTEL »

グランビルアイランドとスタンレーパーク

2015年6月11日(木) バスの中で現地ガイドNさんの説明を聴きながらバンクバー市内観光へ。Nさんの話、「カナダの人口は3400万人、移民政策を推奨し毎年20万人を受け入れDsc00352ている。バンクーバーは中国人、韓国人などアジア系の移民が多い。世界で最も住みやすい都市と云われるが、11月から2月の間は雨ばかり、寒く暗いのが難。今はチャイナマネーによる住宅バブル&土地バブル、見晴らしの良い戸建て物件は1億円以上はざら。国の消費税(GST)は5%、ブリティッシュ・コロンビア州の消費税は7%(州ごとに異なる)。カナダは格差社会で最低賃金(外食産業の皿洗いなど)は1時間10C$程度。ガソリン代はリッター150円、タクシーは殆どが燃費の良いトヨタのプリウス。カエデは100種類以上あるがメープルシロップが採れるのは2種類のみ。エトセトラ・・」。街路樹もカエデがDsc00340多い。市街地に緑が多く公園都市の趣き。12:45グランビルアイランドのセメント工場の前でバスを下りる。一帯はグランビル橋下のクリークに浮かぶ半島で、旧工場街が再開発により観光スポットとして生まれ変わったところ、市民の台所パブリック・マーケットがあり、有名美大のエミリー・カー・デザイン美術学校が進出するなど面目を一新している。セメントタンクまでも芸術している。まずは市民の台所パブリック・マーケットの見学、果物・野菜、チーズ、精肉、鮮魚、ケーキ、菓子類が所狭しと並ぶ。売り子は殆どがアジア系、特に中国人が多く、日本人Dsc00350もいる。果物ではベリー類が種類・量とも豊富、きのこはマッシュルームしかないがブラウンとホワイトの幼菌、ブラウンの巨大な成菌を扱っている。場内の公衆トイレは無料で清潔。買い出しに来た序にフードコートでお昼を食べている人が多く、我々もメープルシロップを塗ったレーズン入りの平べったいクッキー(Korinji Cinnamon)を1枚購入し、コーヒーも買ってテーブルに座る。物価は日本よりも高い感じ。食後、集合時間まで附近を散歩、若手芸術家の作品と思われるガラス工芸品や陶磁器などを並べる土産物屋が多い。14:15バスに戻りスタンレー公園へ。バラード入江に突き出た400万平方メートルの広大な公園はバンクーバー市民憩いの場所である。14:45トーテムポール広場に到着。森の前に立つ8本のトーテムポールを見学する。製作したのは北米先住民族の北Dsc00361西沿岸インディアン(Northwest Coast Indians)と呼ばれる人々で、トーテムポールに宗教的な意味合いはなく、家族や個人の出自を表す家紋の様なものらしい。左から右に、オスカル・マルチピのトーテムポール(クワキウトル族、1968年製作)、ビーバーの紋章柱(ニスガ族、1987年)、カカソーラス(クワキウトル族、1955年)、チーフ・ワキアスの入口柱(クワキウトル族、1987年)、チーフ・スカイの記念柱(ヌートカ族、1988年)、サンダーバードの家柱(クワキウトル族、1987年)、ガアクスタラス(クワキウトル族、1991年)、チーフ・スケダンの墓棺柱(ハイダ族、1964年)の順、割合新しいものが多いが復Dsc00368元したものか?。公衆トイレはここでも無料且つ清潔。対岸に中心地区の高層ビル群やシドニーのオペラハウスのような建物(カナダプレイス:コンベンションセンター兼パンパシフィックホテル兼クルーズ客船ターミナル)を眺め、15分ほどでバスに戻る。バスは長大橋ライオンズ・ゲート・ブリッジを渡り一路北へ、今宵の宿があるウィスラーへ。高速自動車道の最高速度は90㎞/h、規則により車は日中でもライトをつけている。樹木は針葉樹(アメリカ松とアカスギ?)が多く単調、周囲の山々に残雪がまばらに残る。長い一日の疲れが出て、皆沈没し爆睡している。16:50ウィスラービレッジにあるエーヴァ・ウィスラー・ホテル(AAVA WHISTLER HOTEL)に到着。

|

« カナディアンロッキー国立公園めぐり 八日間 | トップページ | AAVA WHISTLER HOTEL »

コメント


素晴らしいブログ楽しく拝見させて頂いております。
旅行では大変お世話様になりました
カナダの旅の記録の素晴らしさに感動し、ただボンヤリしていた私の宝物
になりました。
心からお礼を申し上げます。
これからもブログを拝見させて頂きたいと思います。
くれぐれもご自愛くださいますように。お礼のみにて。

投稿: 山田尚子 | 2015年7月 2日 (木) 15:56

山田様
ご訪問有難うございます。帰国後10日間ほど時差惚けに悩まされ、旅行記もなかなか捗りませんが、必ず完成させる所存です。お暇な折にでも時々お訪ねいただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

投稿: shikamasonjin | 2015年7月 3日 (金) 19:30

お返信ありがとうございます。
旅行記は、本当に想い出が蘇り、有り難く感謝でいっぱいです。
それに沢山の深いご趣味とお花やお野菜の事等を、驚きと共に
充実した日々をお過ごしの事に感動致しております。
益々御元気で、御活躍なさいます様、お祈り致します。
明日は、親友の法事で柏に参ります。
これからも、楽しみに拝見させていただきます。

投稿: 山田尚子 | 2015年7月 3日 (金) 23:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カナディアンロッキー国立公園めぐり 八日間 | トップページ | AAVA WHISTLER HOTEL »