« グレイシャー・スカイウォーク | トップページ | ボウ湖の湖畔散策で出逢った花 »

ペイトー湖とボウ湖

Dsc008062015年6月14日(日)  14:00バスでアイスフィールド・センターを出発、再びハイウェイ93号線を南下、サンワプタ峠(標高2023m)を越える。巻雲山、大曲り(Big Bend)、サスカチュワン山(標高3344m)、すすり泣く壁(Weeping Wall)と道路の左右に絶景が連続する。すすり泣く壁はアイスクライミングの名所とのこと、今は垂直に切り立った大岩壁から雪融け水が幾筋にも分かれて流れ落ちる。サンワプタ峠はコロンビア大氷原の分水嶺であり、北のジャスパー国立公園と南のバンフ国立公園の境界、北に流下する水はアサバスカ川、マッケンジー川を経由して北極海に、南に流下すDsc00826る水はサスカチュワン川、ウィニペグ湖、ネルソン川を経由してハドソン湾(大西洋)に、西に流下する水は太平洋に注ぐ。さすがはカナダ、話のスケールが大きい。15:10ハイウェイ93号線の最高地点ボウ峠(標高2070m)の駐車場到着、5分ほど歩いて坂道を上りペイトー湖(Peyto Lake)の展望台へ。眼下にコバルトブルーの水をたたえる湖を眺める。氷河湖の水が一際青く見えるのは、水に含まれる岩粉の微細な粒子が波長の短い青や緑の光を屈折・散乱させるため。周囲の山々の眺望も雄大、湖畔の針葉樹林の濃い緑も彩りを添える。駐車場に帰る途中、苔の中に生えるヒカゲウラベニタケのDsc00843様なきのこを見つけたが、柵の中で傘の裏面を確かめることは出来ず。バスに戻り、ボウ峠の先のボウ湖(Bow Lake)へ。ボウ氷河が融けてできた氷河湖で湖面の標高1920m。ハイウェイ傍の駐車場に15:40到着。訪れる人が多いらしく入り口に公衆トイレが4棟建つ。男女の区別は無く、全てボットン便所。湖畔に出ると赤い屋根の大きなロッジもある。20分ほど湖畔散策。高山植物が色々咲いており、アルパイン・ポピー?、イチリンソウの仲間、スウィート・コルツフット、ブラック・トゥインベリーなどを見る。ツクシも出ており、ネコヤナギの木も沢山ある。16:05バスに戻る。

|

« グレイシャー・スカイウォーク | トップページ | ボウ湖の湖畔散策で出逢った花 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« グレイシャー・スカイウォーク | トップページ | ボウ湖の湖畔散策で出逢った花 »