« カナダ土産(5/5) スモークサーモン | トップページ | カナダのトイレ事情 »

カナダ旅行で飲んだビール

今回のカナダ旅行で飲んだビールは全部で5種類、往路のJL18便機内でのサッポロ社エビスビール、復路のJL17便機内でのキリン社一番搾りを含めているので、カナダ国内では僅か3種類に止まる。まず、どこのDsc00901レストランにも置いてあるのがモルソン・カナディアン(Molson Canadian)、1786年創業、カナダのビール市場占有率45%のモルソン・クアーズ社(Molson Coors Brewing Company)のメインブランドである。逆にこれしか置いていない店が多く、他の銘柄を飲もうにも選択の余地がない。2種類目は、1898年創業、ブリティッシュ・コロンビア州のクレストン(Creston)にあるコロンビアビール社(Columbia Brewery)のコカニー(Kokanee)、「Gracier Fresh Beer」と称し、仕込み用水に地元Selkirk Mountainsのコカニー氷河の融雪水を使用している事が売り。3種類目は、1820年創業、ノDsc01015_2ヴァ・スコティア州ハリファックス(Halifax)にあるアレキサンダー・キース社(Alexander Keith's Brewery)のキースIPA(Alexander Keith's India Pale Ale)。先のコロンビアビール社でライセンス生産された商品かもしれないが、容器無しのグラス入りで提供されたため詳細は分からない。モルソン・カナディアンとコカニーは、いずれもアルコール分5%、麦芽100%のオールモルトビール、苦味は弱く、風味は軽快、飲みやすい。レストラン価格は、消費税5%、酒税(Liquor Tax)10%、サービス料(チップ)15%が加わり、メニュー価格の3割増しになる。小瓶(12英オンス、341ミリリットル入り)で8C$(860円)前後、カナダは物価が高い。

|

« カナダ土産(5/5) スモークサーモン | トップページ | カナダのトイレ事情 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カナダ土産(5/5) スモークサーモン | トップページ | カナダのトイレ事情 »