« 菜園の恵み(129) キュウリ | トップページ | 菜園の恵み(130) ミニトマト »

岩本千綱著「シャム・ラオス・安南 三国探検実記」

Img1252015年6月19日(金) 成田からバンクーバーへ飛ぶJAL018便と、バンクーバーから成田へ飛ぶJAL017便の機内で、岩本千綱著「シャム・ラオス・安南 三国探検実記」(中公文庫)を読む。5月のラオス旅行の復習のつもり、25年ぶりの再読。明治二十九年(1896)から同三十年(1897)にかけて、巡礼僧に身をやつし三国の人情・風俗・地理・宗教その他万般の実況を視察するべく、バンコクからハノイ迄徒歩旅行を試みた二人の日本人、岩本千綱氏と山本鋠介氏の見聞記が生き生きと綴られる。その中の「フランス領上ラオス ルアン・プラバン府」の項に、当府第一の寺院ワット・マイの宿坊に5泊し、その間の2月22日、王宮にて旧王カサリンタ殿下に親しく謁見したと記されているが、カサリンタ殿下とはカムスック王(King Kham Souk=King Zakarine、在位1895-1904)のことであろう。当時のラオスは既にフランス植民地(1893年、フランス領ラオス成立)であり、旧王は傀儡であった筈、東洋唯一の文明国日本の助力を頼みフランスに抗すべく心積りがあって、謁見を許したのであろうか。二人の冒険から120年の歳月が流れたが、特に地方の人情・風俗はまだまだ昔のままであり、あまり開けないうちに、もう一度訪ねてみたい国である。

|

« 菜園の恵み(129) キュウリ | トップページ | 菜園の恵み(130) ミニトマト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 菜園の恵み(129) キュウリ | トップページ | 菜園の恵み(130) ミニトマト »