« 菜園の恵み(134) サトイモ | トップページ | ヤマグリ »

定点観察・五本松公園(我孫子市)

2015年9月29日(火) きのこ観察には天気が良すぎて不向きだが、栗拾いを兼ねて午後から出動。山栗は土日に先客に拾われた後のお目こぼしを20個ばかりゲット。今の園内に足の踏み場も無いほど溢れているのはシロハツ。イグチとハラタケ、ベニタケの仲間は二週間前(9月14日)よりずっと少なくなる。衣替えに合わせ夏と秋のきのこが交代する感じ。
《観察種》(五十音順)
1.アセタケ属、2.クサウラベニタケ、3.クロハツモドキ、4.コウジタケ、5.コゲチャイヌシメジ(仮称)、6.コテングタケモドキ、7.コトヒラシロテングタケ、8.シロゲカヤタケ、9.シロハツ、10.チチアワタケ、11.ツルタケ、12.テングタケ、13.ドクツルタケ、14.ヌメリガサ属、15.ヒビワレシロハツ、16&17.フウセンタケ属2種、18.フクロツルタケ(シロウロコツルタケ)、19~21.ベニタケ属3種、22.ヤマドリタケモドキ
(写真はコゲチャイヌシメジ)
P9290024P9290025

|

« 菜園の恵み(134) サトイモ | トップページ | ヤマグリ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 菜園の恵み(134) サトイモ | トップページ | ヤマグリ »