« 世界遺産「ハフパト修道院」 | トップページ | ホルヴィラップ修道院とアララト山 »

アニ・プラザ(ANI PLAZA)

2015年10月5日(月) 15:40ハフパト村を後にし幹線道路U6号線を南下、徒歩による国境Pa050478越えの疲れとビールの酔いも手伝い少し居眠り。17:00男性の何人かが我慢できずに青空トイレ。幹線道路といってもくねくねの山岳道路、周りの山は若干紅葉している。17:30アルメニア第3の都市、人口17万人のヴァナゾール(VANADZOR)にさしかかる。1988年12月7日に発生したM6.8のアルメニア大地震(死者2万5千人)は直ぐ近くのスピタク(SPITAK)が震央、その爪痕は未だにすさまじく、まるで廃墟のような佇まい、30年近く経つのに復旧すら覚束ない。以前はアンモニア製造と肥料工場があって栄えた町ということだが・・。道路もがたがた、山々は草山にPa050489変わる。17:50スピタク町の中心(標高1650m)を通過、大地震の時は日本から救援隊が入り500人を救い出したとのこと。高層の建物は全て倒壊し、今は平屋の一戸建てが並ぶ。18:10標高2152mのパム峠(Pamb pass)到着、晴れていればアルメニア最高峰のアラガツ山(標高4092m)の見晴台であるが、辺りは一面のガスと霧に覆われホワイトアウト、何も見えない。おまけに猛烈に寒い!。牧畜業を営むヤズィーディー人が住むと云う三つの村を通る。三村合せて人口は1600人、樹木が手に入らないので燃料は牛糞とのこと。道路上に牛の群れが現れ、牛飼いが後を追Pa050479う。牧歌的風景もどこかもの悲しい。アパラン(APARAN)町(標高2000m)に下り、スーパーGNTUNIQに入りトイレ休憩。パンと飲み物とタバコの販売が主。店内に両替所があったので10米ドルを両替し、現地通貨4,680ドラムを受け取る。1ドラムは約0.25円。トイレは地階にあり無料且つ清潔。壺型の石窯を備えたパン工房があり、焼き立てパンが食べられる。どなたかが買ってくれたパンを皆で試食、香ばしくて美味しい。店を出る頃は日が暮れすっかり暗くなる。19:25アルメニア文字公園(Alphabet Monument:標高1800m)到着、2005年開園、石造のアルメニア文字36文字が並び、その後にアルメニアの偉人像も立つというPa060493が、闇の中で何も見えない。懐中電灯で照らすとそれらしい物がぼんやり見えた程度、やれやれ何てことはない。道はどんどん下って行き、やがて首都エレヴァンの灯が見えてくる。20:20ホテル・アニ・プラザ(ANI PLAZA)到着、オペラ・バレエ劇場の近くにある四つ星ホテルである。中二階にあるANI RESTAURANTへ直行しビュッフェスタイルの夕食。食べたのは、豆とジャガイモのスープ、鱒のフライ、ナスの煮物、サラダ(マッシュポテト、トマト、キュウリ)とパン。飲み物にコカ・コーラかファンタの500ミリリットル瓶1本が付く。キリキア(KILIKIA)ビールの小瓶を飲むと値段は僅かPa060505500ドラム(125円)、アルメニアの物価は安い!。21:40 824号室に入る。さすがに街中のシティホテル、部屋が狭い。シングルベッド1台、書き物机、ソファ1台、テレビ(東芝製)、ミニバー(冷蔵庫)があり、ドライヤーとスリッパ、ティッシュボックスもある。浴室には浴槽があり、シャンプーと固形石鹸、シャワーキャップ、裁縫セットが付いている。トイレの水勢・水流は申し分ないが、ペーパーの紙質は三国中一番劣る。久しぶりに浴槽に湯を張ってゆっくり浸かる。風呂から上がると23:45、デジカメの電池充電を仕掛けてからベッドにもぐりこむ。毎日睡眠不足。(続く)

|

« 世界遺産「ハフパト修道院」 | トップページ | ホルヴィラップ修道院とアララト山 »

コメント

30年経ってもまだ復旧、復興がなされてないということに驚きました。それだけ貧しいのでしょうか。
痛ましいしいお話です。

そうそう、こちらの生協に「ピロスマニ」の絵が入ったワインが売られていたと娘からメールが昨日ありました。買わなかったということで残念でしたが今度あったら買うと言っていました。

投稿: tona | 2015年12月29日 (火) 20:43

tonaさんへ
ご訪問ありがとうございます。コーカサス三国の旅行記がなかなか捗らず申し訳ありません。旅行中のメモを見ながら思いだし思い出し書いておりますが、大分忘れてしまっています。御怪我の回復具合はその後いかがですか。寒い時期なので大変かと思いますが、くれぐれもお大事に。どうぞ良いお年をお迎えください。

投稿: shikamasonjin | 2015年12月29日 (火) 22:08

風景がヨーロッパと少し違うような気がします。
トルコの東の端、アニの遺跡に行ったのですが、アルメニアとの国境でした。971年にはアルメニアの首都だったそうで、シルクロードの中継地点でもあったそうです。あの景色も思い出しながら読ませていただきました。

ありがとうございます。まだ当然ながらレントゲンでは骨は全然くっついていませんで、昼夜ベルト着用を余儀なくされ、家事も何もできない生活が続いています。それに逆流性食道炎も少し悪化してダブルで責められ、ちょっと落ち込んでおりますが、読書や、テレビ、パソコンと楽しめますのでありがたいです。
奥様ともども良いお正月をお迎えください。

投稿: tona | 2015年12月30日 (水) 08:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 世界遺産「ハフパト修道院」 | トップページ | ホルヴィラップ修道院とアララト山 »