« 世界遺産「バクー旧市街」 | トップページ | HOTEL NEW BAKU »

バクー市内の総合スーパーマーケット BAZARSTORE

2015年10月2日(金) 旧市街見学の後、大通りに面しカスピ海沿岸公園側にある総合スーパーBAZARSTOREの見学Pa020071(15:50~16:20)。コーカサス三国中アゼルバイジャンは最も物価が高く、中でも首都バクーは高物価、世界の都市で48番目とか。地下1階の食料品売り場を覗く。卵10個が1.45~1.89AZN(175~225円)。バターは200グラム製品が1.85~1.99AZN(220~240円)、450グラム製品が3.43~3.84AZN(410~460円)。野菜は1㎏当りで価格表示がなされており、ジャガイモが0.89~1.25AZN(110~150円)、ニンジンが1.60AZN(190円)、白玉ねぎが0.59AZN(70円)、赤玉ねぎが0.95AZN(115円)、カブが0.89AZN(105円)、カボチャが0.39AZN(47円)、ニンニクが3.90AZN(470円)。紅茶はピュア・セイロン・ティーの250g箱が2.75AZNPa020079(330円)、アール・グレイの250g箱が2.59AZN(310円)。菓子類の、ポッキーは45g箱が0.19AZN(23円)、130g箱が045AZN(54円)、ナッツ類は200g袋が2~3AZN(240~360円)。果物売り場で写真を撮ろうとしたら、係員に注意を受けてしまい、やむなく調査打ち切り。最後に酒売り場でアゼルバイジャンの代表銘柄フィルダレン(XIRDALAN)の500ミリリットル缶ビールを購入、クレジットカード払いで1本1.1AZN(後日のクレジット会社請求書によると129円)。卵の価格は同じ位だが、バターやビールは半値、紅茶は三分の一程度、日本と較べれば物価は安い。

|

« 世界遺産「バクー旧市街」 | トップページ | HOTEL NEW BAKU »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 世界遺産「バクー旧市街」 | トップページ | HOTEL NEW BAKU »