« TBILISI LAERTON(ラエルトン) | トップページ | グルジア軍道とアナヌリ教会 »

世界遺産「ムツヘタの文化財群」

2015年10月4日(日) 7:00モーニングコールで目覚める。大慌てで髭を剃り日焼け止めクリーPa040239ムを塗る。外はもう明るい。好天。朝食前にちょっと外へ出てみると、ホテルは場末の路地裏に建つレンガ造り六階建て、外観は何の装飾も無く、内装との落差が大きい。8:00-8:30六階スカイレストラン?で朝食。市街地とトビリシタワーの眺めが良い。テラス席もあり風が爽やか。パン、ハム、スモークチーズ、トマト、キュウリ、スイカ、メロン、ドライフルーツを食べ、リンゴジュースとコーヒーを飲む。9:10世界遺産の旧都ムツヘタへ向けホテルを出発。現地ガイドのテクラさんは、去年トビリシ自由大学日本語学科を卒業したばかりの才媛、日本語はまあまあ。グルジアはコーカサスPa040255山脈の南麓、黒海の東岸に位置し、北側はロシア、南側はトルコ、アルメニア、アゼルバイジャンと接する。国土面積は69,700㎢、人口は435万人、住民の84%がグルジア正教徒のカルトヴェリ人(グルジア人)、公用語はグルジア語。温暖な気候を利用したブドウ栽培とワインの生産が盛んである。首都はトビリシ(暖かいと言う意味)、人口は140万人。トビリシ市内を流れるムトゥクヴァリ川では、早朝から鱒を狙って釣り糸を垂れる太公望が多い。ガソリン価格はリッター1.8~2.0ラリ(約100円)。郊外へ出ると道端の露店で山と積んだスイカを売っている。ムツヘタ(Mtskheta)はトPa040258ビリシの北20㎞、ムトゥクヴァリ川とアラグヴィ川の合流点に位置し、紀元前4世紀から5世紀頃まで東部グルジアで強大な勢力を誇ったイベリア王国の首都として栄えた町、古い教会を含む町並みがユネスコの世界遺産に登録されている。最初は山上の教会、6世紀建立のジュヴァリ(Jvris Tadzari)聖堂へ。ジュバリは十字架と云う意味、グルジア正教会の教会に共通する特徴だが、建物を真上から見ると十字架の形をしているとのこと。途中のビューポイントで写真タイム、9:55聖堂下の駐車場到着。聖堂内に入ると日曜礼拝の最中、司祭の祈りの言葉が厳かにPa040247響き、聖歌隊の讃美歌が流れ、善男善女がひざまずく。神聖な場に異教徒がどやどやと踏み込み、写真をぱちぱち撮るのは憚られる。即座に退出し、境内テラスからの素晴らしい景色を楽しむ。遙か西(上手)のトルコから流れてくるムトゥクヴァリ川に、右からアラグヴィ川が合流し、左のトビリシ方向へ流れ去る。合流点対岸に位置するムツヘタの街並が一望出来、その中心にスヴェティ・ツホヴェリ大聖堂が建つ。輔祭の鳴らす11時の鐘を契機に退場、バスに乗りムツヘタの町に下りる。11:10から1時間、スヴェティ・ツホヴェリ大聖堂(Svetitskhoveli Tadzari)の見学。土産物店Pa040265や食堂が建ち並ぶ商店街を抜け、城砦の様な大聖堂の外周を回り込んで境内に入る。大聖堂はグルジアで最古の教会と云われ、現在の建物は11世紀の再建、4世紀にグルジアにキリスト教を伝えたとされるカッパドキアの聖ニノによって、ここに教会が建てられた事に始まる。正門アーチの左右に牛の頭部が飾られている。是は月の神様を信仰していた名残、牛の角は形が月に似ているため神聖視されており、ワインを飲むにも牛の角杯が用いられる。境内のトイレは有料で0.3ラリ(15円)、便器はトルコ式である。高さ50mの塔を持つ大聖堂は緑色とピンク色の石造り、外壁に天使の浮きPa040277彫りを始め様々な彫刻が施されている。堂内ではやはり日曜礼拝が行われている。近郷近在から集まる数多の信者や家族連れに、我々の様な観光客が加わり、堂内はごった返す。祭壇のキリストのイコンに黙礼し、写真を撮っただけで直ぐに外に出る。境内を一巡りすると、柳の木を囲む石垣に水飲みの蛇口が3個取り付けてあり、信者の人々が次々に訪れては、水を飲んだり記念写真を撮ったりしている。はて、何の変哲もない水飲み場に見えるが・・、何か謂れのある泉でもあろうか?。大聖堂の建つ此の場所には、イエス・キリストが磔になったときの上衣の一部が、持主の女性と共に埋められたといPa040286う伝説があり、その墓所に育った杉の木から流れ出る樹液が病を治したことから、「スヴェティ・ツホヴェリ(命を与える柱)」という教会の名前が付けられた。或いはその故事と関係があるやも。正門前に公営のツーリズム・インフォメーション・センターがあり、そこのトイレは0.5ラリ(25円)。もはや一大観光地であり物乞いする人も居る。観光馬車も走る。ドイツ人も居る。露店の売り物は、牛の角杯(250円)、羊の角杯(100円)、チェルチュラ(捻り蝋燭のような形の柚餅子か外郎の様な食感のお菓子、ブドウ果汁を小麦粉と固めた生地にクルミが入っている。グルジアでは正月に食べる。1本200円)、黒いちじく、ザクロ、キイチゴ、雑貨品など諸々。12:10バスに戻り、アナヌリ教会へ。(続く)

|

« TBILISI LAERTON(ラエルトン) | トップページ | グルジア軍道とアナヌリ教会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« TBILISI LAERTON(ラエルトン) | トップページ | グルジア軍道とアナヌリ教会 »