« 菜園の恵み(136) コマツナ | トップページ | 高瀧神社(市原市) »

千葉菌類談話会第75回観察会(市原市民の森)

Pa110005_22015年10月11日(日) 大雨、7:40出発、一般道を走る。千葉、市原市内経由、約80㎞を走り、9:55小湊鉄道月崎駅近くの市原市民の森駐車場に到着。受付を済ませ39番の腕章をもらう。こんな天気でも参加者は50名余、幸い雨が上がる。吉田副会長の御挨拶と諸注意事項を謹聴し、集合写真撮影後、各自思い思いのコースに散開、2時間半の観察・採集会が始まる。自分はいつもと逆コースで、紅葉谷コースから万田野林道へ上がり、尾根コースを下って管理棟に戻る。もみじ谷でウラベニガサ、チシオタケ、ナラタケの仲Pa110007間(写真上)、ハタケシメジ(写真下)を見つけたものの、後はさっぱり。昨日まで雨の降らない日が続いたらしく、尾根上にはきのこのきの字もない。車の中で昼食を済ませ鑑定会場へ行くと、やはり今日は大不作、いつもの年に較べ10分の1も取れていない。可食菌は、まずまずの収穫のナラタケとハタケシメジを除けば、ウスヒラタケ10枚、ウラベニホテイシメジ7本、タマゴタケ1本、バカマツタケ2本と淋しい。14時鑑定会を中座、高瀧神社に寄り道し、市原、千葉、船橋、鎌ヶ谷経由、16:55帰宅。

|

« 菜園の恵み(136) コマツナ | トップページ | 高瀧神社(市原市) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 菜園の恵み(136) コマツナ | トップページ | 高瀧神社(市原市) »