« グルジアのビール | トップページ | 菜園の恵み(136) コマツナ »

アルメニアのビール

Pa060500アルメニアで飲んだビールは2種類、キルキア(KILKIA)とコタイク(KOTAYK)。キルキアは、1952年創業、首都エレバンにある総合飲料メーカーBEER OF YEREVAN CJSC社の製品、原麦汁濃度12.5%、アルコール分4.8%、原材料は麦芽とホップのピルスナータイプのビールである。ハフパト修道院近くのレストラン(500ミリリットル瓶、2$=240円)、宿泊ホテルのレストラン(350ミリリットル小瓶、500ドラム=125円)、グルジアとの国境近くのレストラン(500ミリリットル瓶、700ドラム=175円)と3回飲む機会があり、少し日光臭が感じられるもののまずまず、充分飲める。評価は☆☆★。
もうひとつのコタイクは、Kotayk_pa0606451974年創業、エレヴァンの北東16㎞、コタイク県ABOVYAN市にあるKOTAYK BREWERY社の製品、原麦汁濃度12.0%アルコール分4.5%、原材料は麦芽とホップのピルスナータイプビール。ガルニ村の農家風レストランの昼食時に、クルミとリンゴの樹の下のオープンテラスで、ニジマスのグリルを肴に飲んだせいでなかなか美味い。評価は☆☆☆。アルメニアもグルジア同様ワインが美味しい国、発酵技術が優れているので、当然ビールもおいしい。

|

« グルジアのビール | トップページ | 菜園の恵み(136) コマツナ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« グルジアのビール | トップページ | 菜園の恵み(136) コマツナ »