« 定点観察・富士浅間神社(柏市) | トップページ | MONTE DOS AMIGOS 2012 »

沢庵漬け作り

2015年11月27日(金) 朝一、干し大根を取りこみ、葉を除き、重さを計る。32本で4.6kg。漬物用ビニール袋をプラスチック桶の内袋とし、乾し大根と他の材料を交互に4段重ねで漬け込む。他の材料は、乾し大根の隙間を埋める乾燥大根葉400g、味の決め手の米ぬか混合品(米糠500g、塩150g、ザラメ砂糖110gを混ぜたもの)、隠し味の柿とミカンの皮の乾燥品30g、同じく隠し味の鷹の爪5本。カビ防止に35度のホワイトリカーを20cc振り掛ける。内蓋の上に家伝の漬物石3個を載せると作業終了、これでお正月迄に美味しい沢庵漬けが出来上がる。
Pb270003Pb270006







|

« 定点観察・富士浅間神社(柏市) | トップページ | MONTE DOS AMIGOS 2012 »

コメント

沢庵はまだ一度も漬けたことがありません。
いろいろな隠し味があるのですね。
そして1カ月後にはもうできるのですか。
さぞかし美味しい沢庵が出来ることでしょう。

投稿: tona | 2015年11月28日 (土) 08:24

tonaさんへ
我家の家庭菜園産は、多分肥料が足りないせいで貧弱な大根ばかり、本当はスーパーで売っている立派な干し大根を購入して漬ける方が、手間もかからず、美味しく出来上がるのですが・・。無農薬・有機栽培野菜ということで、手間暇かかるプロセスを辛抱しております。

投稿: shikamasonjin | 2015年11月28日 (土) 10:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 定点観察・富士浅間神社(柏市) | トップページ | MONTE DOS AMIGOS 2012 »