« 養老渓谷散歩 | トップページ | 定点観察・手賀の丘公園(柏市) »

切り干し大根

Pc1200032015年12月12日(土) 家庭菜園で収穫した宮重大根はこれまでのところ76本。そのうち32本は沢庵漬けに用い、20本はけんちん汁やおでんの材料に費消、10本は近所にお裾分け。残る14本のうち、2本を冷蔵庫に残し、12本をスライサーでカット。乾物ネットに入れてベランダで天日干し、切り干し大根を作る。お正月の雑煮の具にも使えそう。

|

« 養老渓谷散歩 | トップページ | 定点観察・手賀の丘公園(柏市) »

コメント

神保町の岩波ホールで18日まで「放浪の画家ピロスマニ」の映画をやっています。私は昨日教えていただき今日行って参ります。

投稿: tona | 2015年12月14日 (月) 10:33

tonaさんへ
貴重な情報を教えていただき有難うございます。鑑賞後のご感想など、HP「365連休の日々」で是非ご開示をお願いいたします。最近、都内(人混み)へ出るのがとみに億劫になりまして、美術館や博物館からも足が遠のいております。申し訳ありません。

投稿: shikamasojin | 2015年12月14日 (月) 19:33

行って参りました。
1969年のグルジャの映画です。
古いので修復してあるそうです。
グルジャにいらっしゃったので、どんなところかと興味深く鑑賞しました。
驚いたことには出てくる人の服装、景色や色合いなどが本の絵と同じだったことです。
本を見てから映画鑑賞できて良かったと思いました。とにかく描かれた絵と同じなのですよ。1時間半の短い映画ですが、ゆったりと進んでいきました。
悲しい、寂しい人生に涙が出そうでした。
ご覧になられた今のグルジャとは違うのかなあと思いました。以上簡単な小学生のような感想で申し訳ありません。

投稿: tona | 2015年12月14日 (月) 21:00

tonaさま
まだ骨折して日も浅く、左手だけの御不自由な中、長文の御報告をお寄せいただき、誠にありがとうございました。1969年製作(ちょうど小生が就職で上京してきた年です!)の映画では、まだグルジアがソ連の支配下にあった時代ですから、ピロスマニの生きた時代と建物や習俗など殆ど変わっていないのでしょう。最近はトビリシに斬新な建造物も建ち始め、若い人のファッションは大分明るくなったようです。それとグルジア人は今でもシャイな感じを受けました。

投稿: shikamasonjin | 2015年12月14日 (月) 23:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 養老渓谷散歩 | トップページ | 定点観察・手賀の丘公園(柏市) »