« グルジアワイン AKHASHENI 2013 | トップページ | 寒茸採り »

コフキサルノコシカケ(Ganoderma applanatum)

2016年1月5日(火) 何か珍しいきのこが出ていないかと酒井根の下田の森に電動自転車で行って見たが不発、それではと、近所の香取神社(流山市)へ転進。まずはお参りして今年一年の家内安全を祈願する。その後、境内できのこ探し、広葉樹の切株にさして珍しくもないコフキサルノコシカケ(写真上段)とクジラタケ(同下段)を見つける。孔口面を拡大してみると、コフキサルノコシカケの孔口は微細で1㎜に4~5個、クジラタケのそれはやや小型で1㎜に2~3個(拡大写真の全幅スケールが2㎜)。
2020160105p105001720444p1050037920160105p10500139444p1050016








|

« グルジアワイン AKHASHENI 2013 | トップページ | 寒茸採り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« グルジアワイン AKHASHENI 2013 | トップページ | 寒茸採り »