« TAMADA PIROSMANI | トップページ | シラゲタケ(Trichaptum byssogenum) »

シロカイメンタケ(Piptoporus soloniensis)

482p111008612016年1月15日(金) 1月11日の増尾城址公園、芝浦工大柏中高校の通用門の傍のサクラの枯れ枝に重生する白いきのこを見つけ、直ぐには同定できずに今日まで放置してきたが、先ほど白骨温泉の入浴剤入りのお風呂の中で突然ヒラメキ、シロカイメンタケ(Piptoporus soloniensis)に思い当たる。傘肉はコルク質で脆く、孔口は小型で1㎜に3個ほど、不整形。あぁすっきり。

|

« TAMADA PIROSMANI | トップページ | シラゲタケ(Trichaptum byssogenum) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« TAMADA PIROSMANI | トップページ | シラゲタケ(Trichaptum byssogenum) »