« 晩白柚 | トップページ | TAMADA PIROSMANI »

ふなばしアンデルセン公園

2016年1月13日(水) 朝、今冬一番の冷え込み、東京初氷。天気が良いので最近評判が高いアンデルセン公園へ行って見ましP1130021た。隣の船橋県民の森にはきのこ観察で足繁く通うのに、アンデルセン公園は今日が初めてです。駐車料金は冬季300円で65歳以上は入園料免除という有難さ、公益財団法人船橋市公園協会の管理運営する施設です。園内は広々、ゆったり、開設面積は36万7千平方キロメートルもあります。公園名は、デンマークの姉妹都市オーデンセ市生まれの童話作家アンデルセンに因むとのこと。北ゲートを入って直ぐの所に立つ岡本太郎制作の「平和を呼ぶ像」(船橋市の平和都市宣言記念シンボル像として1988年10月建立)が圧倒的な存在感で目を引きます。デンマークのP1130025風車職人が手掛けた高さ16.4mのデンマーク式粉ひき風車も立派です。大きく分けてワンパク王国、メルヘンの丘、子ども美術館、自然体験、花の城の5つのゾーンから成り、全体的に小さな子供を連れた家族向け公園ですが、大人も四季折々の草花を眺めながらゆっくり散策を楽しめます。私のお気に入りは自然体験ゾーン、広大な自然林が残されており、暖かくなれば色々なきのこが出そうな雰囲気です。今日はほんの下見、グッズショップでポーランドのカーレッティー(Carletti)社のチョコレートを2箱購入し、公園を後にしました。

|

« 晩白柚 | トップページ | TAMADA PIROSMANI »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 晩白柚 | トップページ | TAMADA PIROSMANI »