« 定点観察・船橋県民の森(船橋市) | トップページ | ホウネンタケ(Abundisporus pubertatis) »

骨折り損のくたびれもうけ

P20800062016年2月8日(月) 松戸市小金原団地のあめりかふう通りに地上から2.5m位の高さで幹を切断されたアメリカフウ(モミジバフウ)の木が立っています。先日、その上部にきのこが発生しているのを見つけておいたので、今日は家人同伴、ハスラーに脚立を積んで、どんなきのこか確かめに行きました。家人に脚立を押さえてもらい、脚立に上って覗いてみたら、何のことはない、ありふれたカイガラタケとカワラタケでした。近所の人や通りかかる人には怪しまれ、パトカーの警察官にも睨まれる始末、きのこ観察も楽ではありません。

|

« 定点観察・船橋県民の森(船橋市) | トップページ | ホウネンタケ(Abundisporus pubertatis) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 定点観察・船橋県民の森(船橋市) | トップページ | ホウネンタケ(Abundisporus pubertatis) »