« ミツバとユキノシタ | トップページ | さつま本格焼酎 明るい農村 »

雲雀鳥屋で出逢ったきのこ

2016年3月26日(土) 今日は宇都宮市森林公園に聳える2つの低山、天狗鳥屋(てんぐとや、標高365m)と雲雀鳥屋(ひばりがとや、標高362m)に登って来たが、どちらも極めて地味な山、道標などは一切なく、特に雲雀鳥屋の山頂には山名板もない有様、三角点はもとより、標石、祠なども全く無いミニマリストのような寂峰であった(興味のある方は、自惚山人ノオトの記事「571.天狗鳥屋と雲雀鳥屋」をご覧ください)。きのこもありふれた硬質菌ばかり、写真に収めたのは唯一種、北陸のきのこ図鑑に出ているクダアナタケ(別名ナガバタケ;Schizopora paradoxa)かと思うが、自信は無い。
P3260019P3260022



|

« ミツバとユキノシタ | トップページ | さつま本格焼酎 明るい農村 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ミツバとユキノシタ | トップページ | さつま本格焼酎 明るい農村 »