« 奥の細道三十三霊場 第二十四番 繁昌院(大河原町) | トップページ | 奥州観音霊場 第四番 斗蔵寺(角田市) »

奥の細道三十三霊場 第二十五番 妙見寺(白石市)

P62800592016年6月28日(火) 星王山妙見寺の所在地は宮城県白石市柳町16、日蓮宗の寺院である。本尊は開運北辰妙見大菩薩。安政六年(1859)、江戸の柳島妙見(現在の墨田区業平)から妙見大菩薩を勧請して妙見堂を建立したのが始まり。芭蕉と曾良が城下町白石に投宿したのは元禄二年(1689)旧暦五月三日、当時は影も形もなかった此の寺院が奥の細道霊場のひとつに選定されているのはどうした訳であろう?。
15:15 JR白石駅傍のサンクス駐車場に車を置き、歩いて妙見寺参詣へ。日蓮宗の寺院らしく、境内に日蓮大聖人像が、併営のひかり幼稚園敷地に日蓮大聖人御幼像が建つ。妙見堂と本堂(北辰殿)にお参りする。妙見堂の柱には「奥の細道三十三霊場 第二十五番」の看板がしっかり掲げてある。遅くなったが最後に、角田市の奥州観音霊場第四番斗蔵寺へと向かう。

|

« 奥の細道三十三霊場 第二十四番 繁昌院(大河原町) | トップページ | 奥州観音霊場 第四番 斗蔵寺(角田市) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 奥の細道三十三霊場 第二十四番 繁昌院(大河原町) | トップページ | 奥州観音霊場 第四番 斗蔵寺(角田市) »