« ブルーベリー摘み | トップページ | シャインマスカット »

山口県産きのこ類の採集・確認目録

2016年7月11日(月) 私が毎日必ずチェックしているホームページ「きのこワールド」の管理者であり、山口市にお住いのきのこ観察道の先達、川口様より「山口県産きのこ類の採集・Img028確認目録」を1冊頂戴しました。当該報告書は、下関市豊田町にある博物館(2004年開館)で、下関市教育委員会が運営する『豊田ホタルの里ミュージアム』の研究報告書第8号(2016年3月発行)に掲載されたものの別刷りであり、全文ネットに公開されております(http://www.hotaru-museum.jp)。
本書には、26目99科344属に分類された1044種の山口県産きのこが、観察地、観察日付きで掲載されており、212種・234枚のカラー図版もついております。拝見いたしますと、キリノミタケやマイヅルナガエムシタケのような超稀菌に加え、柏市近辺では見たこともないアキノアシナガイグチ、アケボノタケ、オリーブシワチチタケ(仮)、コマタケ、スミレホコリタケ他の珍菌・希少菌が目白押しに記載されております。氏が山口県内の山野・海岸を隈なく渉猟すること20数年、出逢ったきのこを目視観察し、写真に収め、更には持ち帰って顕微鏡観察するなどして同定した、文字通り汗と涙の結晶ともいえる、積年の観察記録&大労作であります。奥様の多大なるご協力があるとはいえ、事実上たったひとりで成し遂げた、常人にはまねができない仕事です。さすがは我が御師匠と改めて敬服いたしました。川口様、ありがとうございました。今後ともよろしくお願い申し上げます。

|

« ブルーベリー摘み | トップページ | シャインマスカット »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ブルーベリー摘み | トップページ | シャインマスカット »