« 滝平二郎の仕事展Ⅱ | トップページ | 奥の細道三十三霊場 第三十一番 岩角寺(本宮市) »

奥の細道三十三霊場 第三十二番 石雲寺(本宮市)

2016年7月21日(木) 石雲寺の所在地は福島県本宮市本宮町字坊屋敷1番地、曹洞宗の寺院である。本尊は釈迦如P7210002来か。ネットで調べたが、山号、本尊、創建年等の由緒は判らずじまい。
9:40柏の自宅を出発。一般道(R6、R294、R408、R4)を走り仙台へ帰省する途中、本宮市内の奥の細道三十三霊場の二か所に立ち寄ることに。先ずは第三十二番札所の石雲寺へ。16:00石雲寺の山門前駐車場着。山門、本堂、庫裡、鐘楼など建物は比較的新しく、大きな構えの寺院である。「奥の細道」と「曾良旅日記」に当寺に立ち寄った記録はなく、そのせいか奥の細道三十三霊場の看板はもはや見当たらない。境内に水原秋櫻子と堀口星眠の師弟句碑(「竹外の一枝は霜の山つばき」(秋櫻子)、「旅枕願の糸も叶わずに」(星眠))が建つのみ。他に見るべきものもなく、本堂にお参りしただけで退出、次は岩角寺へ。

|

« 滝平二郎の仕事展Ⅱ | トップページ | 奥の細道三十三霊場 第三十一番 岩角寺(本宮市) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 滝平二郎の仕事展Ⅱ | トップページ | 奥の細道三十三霊場 第三十一番 岩角寺(本宮市) »