« 春日山神社(上越市) | トップページ | ジャンボピーマン(再び) »

越後国一ノ宮 弥彦神社(弥彦村)

20P819032716年8月19日(金) 弥彦神社の所在地は新潟県西蒲原郡弥彦村弥彦2887-2、越後の霊山、御神体の弥彦山の山麓に鎮座する。祭神は天香山命(あめのかごやまのみこと)。創建年代は不詳だが、万葉集にも歌われている古社である。
春日山城址見学を終えて上越ICから再び北陸道に乗り、大潟PAで妻と運転交代、三条燕ICで降りて、14:20弥彦神社大駐車場着。アスファルトが軟らかくなる程の暑さ、台風7号のフェーン現象か、とにかく暑い。早速表参道を辿り参拝へ。神門から拝殿を眺めると、その後背に御神体の弥彦P8190336山が鎮座している。さすがは一ノ宮、社殿も立派ならトイレもピカピカ。無事お参りを済ませ、授与所の巫女さんに山頂の奥の院(御神廟)へ登る方法を尋ねる。山頂へはロープウェイ若しくは車でスカイラインを上る方法がある由、14:45車に戻りスカイラインを上る。通行料は無料、15:10山頂大駐車場(標高530m)着。弥彦山へ登る前に、まず隣の一等三角点峰の多宝山(標高634m)に登り、下山してからクライミングカーに乗って弥彦山頂上へ。山頂一帯はNHKやFM新潟などの無線中継所が林立し電波塔銀座の様相を呈している。緑陰の長い階段を昇っていく。16:30弥彦山山頂(標P8190353高634m)、三角点はなく、山頂部を玉垣で囲み鳥居を建てた奥宮(御神廟)がある。常夜燈の銘は嘉永元年(1848)、日本海と越後平野が見渡せる。絶景かな、吹き渡る風が涼しい。クライミングカーの終発17:05にぎりぎり間に合い駐車場の車に戻る。巻潟東ICから北陸道に乗り、栄PAと越後川口SAで休憩、夕食も済ませる。20:15赤城高原SAで三度目の休憩、その後は一度も休まず関越道・外環道を走り抜け、22:35無事帰宅。この4日間の走行距離は約1000㎞。

|

« 春日山神社(上越市) | トップページ | ジャンボピーマン(再び) »

コメント

ご夫婦で運転されるから遠くまで行かれますからいいですね。
1000kmとはまた良く走りました。
アイルランド一周(とはいえ実質半周8日間)は1000kmでした。

投稿: tona | 2016年9月 2日 (金) 09:39

tonaさんへ
おはようございます。家内が運転する間は自分で運転する時より緊張します。ナビゲーター役も欠かせず、眠気もすっかり醒めてしまいます。とはいえ、元気であちこち行けるのはありがたいことと感謝しております。

投稿: shikamasonjin | 2016年9月 2日 (金) 10:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 春日山神社(上越市) | トップページ | ジャンボピーマン(再び) »