« アシナガイグチ(Boletellus elatus)の仲間 | トップページ | アカヤマドリとヤマドリタケモドキの油炒め »

定点観察・増尾城址公園(柏市)

2016年9月10日(土) 残暑厳しく朝からカンカン照り、エアコンの効いた部屋にこもって読書が一番だが、きのこ発生の最盛期とあってはそうもしていられない。午前、我がメインP9100000フィールドの増尾城址公園へ。出てるは出てるは、大型菌がぞろぞろ、いやはや素晴らしい。見つけたのは、アイゾメクロイグチ、アカヤマドリ、ウスキテングタケ、オオツルタケ、オニイグチ、ガンタケ、キクバナイグチ、キニガイグチ、キヌハダニセトマヤタケ、クリイロイグチモドキ、クロニガイグチ、ケショウハツ、コタマゴテングタケ、コテングタケモドキ、シロオニタケ、シロハツ、チャカイガラタケ、ツブカラカサタケ、ツルタケ、テングタケ、ドクツルタケ、ハイカグラテングタケ、ヒナツチガキ、フクロツルタケ、ブドウニガイグチ、ベニタケ属5、ヘビキノコモドキ、ボタンイボタケ、ムラサキヤマドリタケ、ヤマドリタケモドキ、不明1など。(写真は、左上から時計回りに、アカヤマドリ、クロニガイグチ、ハイカグラテングタケ、ヤマドリタケモドキの順)
P9100088P9100020P9100040



P9100071





|

« アシナガイグチ(Boletellus elatus)の仲間 | トップページ | アカヤマドリとヤマドリタケモドキの油炒め »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アシナガイグチ(Boletellus elatus)の仲間 | トップページ | アカヤマドリとヤマドリタケモドキの油炒め »