« きのこ絵柄のトランプ | トップページ | 万座高原ホテル »

吾妻峡(群馬県吾妻郡東吾妻町)

2016年10月10日(月) 今日から2泊3日で万座温泉へ。7月に発症した腰痛もだいぶ良くなり、今回の湯治で完治させるつもり。9:30出発、三郷西ICから外環道に入り、続いて関越道を走る。渋川伊香保ICを出て国Pa100015道353号線、次いで国道145号線を走る。12:50道の駅あがつま峡に入り昼食、車を置いて「関東の耶馬渓」と謳われる吾妻峡を散策することに。かつて高崎に10年近く居住していたのに、また此の道は何度も走ったのに、峡谷見学は今回が初めてである。まずは道の駅から遊歩道を右岸沿いに我妻峡橋まで歩き、橋の上から渓谷を見下ろしてから、左岸沿いに県道を歩き、ふれあい大橋を渡って13:50道の駅に戻る。次いでより上流の十二沢パーキングに車で移動。平成28年完成の猿橋(仮設橋?)を渡って左岸に移り、瀬音を聞きながら県道沿いの歩道を歩く。日本一Pa100018短い樽沢トンネルを過ぎると渓谷への降り口があり、そこから鹿飛橋に下りる。鹿飛橋から眺める上下流の渓谷美が今日のハイライト、今年3月に訪れた耶馬渓と遜色がない景観といえる。右岸に渡って渓谷沿いの山道を見晴台へ向かって進む。見晴らし台は八ッ場ダム本体の建設予定地直下とのこと、行ってみたかったが時間が押しているので途中から引き返す。きのこはカラカサタケ、フウセンタケ属、ムラサキシメジなど出ている。帰りは鹿飛橋から十二沢パーキングに直接戻る道が付いていたのでそこを進み、14:45車に戻る。

|

« きのこ絵柄のトランプ | トップページ | 万座高原ホテル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« きのこ絵柄のトランプ | トップページ | 万座高原ホテル »