« 松島散歩(2)福浦島 | トップページ | 十和田プリンスホテル »

奥州観音霊場 第三十三番 天台寺(二戸市)

2016年10月28日(金) 八葉山天台寺の所在地は岩手県二戸市浄法寺町御山久保33番地、天台宗の寺院である。ご本尊Pa280115は木造聖観音立像(国指定重要文化財)。当寺の由緒は、『天台寺の登り口にカツラの大木があり、その根元から清水が湧いていて、「桂清水」と呼ばれてきました。太古から、この清水は霊水として知られ、桂清水はこの地方の霊木・霊水信仰の地だったと思われます。天台寺は神亀五年(728)、聖武天皇の勅願により行基菩薩が開山したと伝えられています。八つの峰、八つの谷からなるこの山を「八葉山」と名づけ、山中のカツラの大木を刻んで本尊聖観音菩薩としたといわれます。天台寺は北奥の観音霊場としてその時々の人々から崇敬されてPa280090きました。山上の本堂(観音堂)は、江戸時代の万治元年(1658)盛岡藩主南部重直が再興したもので、典型的な密教様式の仏堂であり、国の重要文化財に指定されています。藩主の祈願所として、また、糠部三十三所、奥州三十三所の詣り納めの観音霊場として庶民からも深い信仰を集めてきました』。
仙台を7:50に出発、泉ICから東北道に乗り、中尊寺PA、岩手山SAで運転交代、八戸道に移り浄法寺ICで高速道を降りる。11:40最北の奥州観音霊場である第33番札所天台寺の駐車場に到着。昭和62年(1987)から平成17年(2005)まで瀬戸内寂聴が住職を務めるようになって、天台寺は俄かに脚光を浴び、有名になったが、それ以前は檀家僅か28軒の荒れ寺であった由。文化財保護協力金という名目の入山料300円を受付で納める。国指定重要文化財の仁王門と本堂は、あいにく保存修理工事中(平成25年9月~平成32年3月)で拝観できない。仮本堂の寂庵に、ご本尊聖観音立像の模刻像が祀られており、般若心経を唱えてお参りすPa280076る。その後境内を一巡り、薬師堂、姥杉焼け跡(直径約5m、周囲約15m、平成13年3月復元)、毘沙門堂、伝長慶天皇陵、月山神社を見学しお参りする。最後に宝物収蔵庫で、国重文の木造聖観音立像(御本尊:通称桂泉観音)と木造十一面観音立像、岩手県指定文化財の木造伝薬師如来立像、木造伝広目天立像、木造伝多聞天立像、木造伝吉祥天立像、長胴太鼓などを見学する。休憩所で薬草24種入りの天台寺茶をご馳走になり境内を後にする。12:40車に戻り、車内でサンドイッチのお昼を食べてから十和田湖へ。

|

« 松島散歩(2)福浦島 | トップページ | 十和田プリンスホテル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 松島散歩(2)福浦島 | トップページ | 十和田プリンスホテル »