« 干し柿出来上がる | トップページ | ヒラタケのてんぷらとお吸い物 »

クロマグロの解体ショー

2016年11月21日(月) 昨夕、近所のピアシティ柏中新宿へ行き、中核店のスーパーカスミの開店三周年記念・クロマグロ解体ショーを見物。先月末、本州最北端の大間崎まで車を飛ばしたのに、大間超マグロ祭りの呼び物、巨大マグロの解体ショーを見損なったけれど、灯台下暗しとはまさにこのこと。カスミの鮮魚売り場に時間前に行って、かぶりつきで見学。登場したクロマグロは50キログラム、長崎県産の養殖物とのこと。尾と胸鰭を出刃包丁で外し、頭をノコギリ包丁で切断し、アッという間に背2本、腹2本の5枚下ろしが完了、中骨に付いた身(中落ち)はスプーンでそぎ取る。この間15分ほど、熟練の職人技が素晴らしい。見物だけでは申し訳ないので、通常の半値という赤身のサクを800円で購入し、一番搾りのお供にしました。
Pb200001_2Pb210002

|

« 干し柿出来上がる | トップページ | ヒラタケのてんぷらとお吸い物 »

コメント

テレビで一部しか見られない解体ショーをご覧になったそうで良かったですね。
美味しそうです!!

投稿: tona | 2016年11月21日 (月) 19:24

tonaさま
巨大マグロというほどではありませんが、丸のマグロを解体場面を初めて見ることができました。本マグロの大トロや中トロはやはり高いので、赤身部分を買いましたが、新鮮なだけに美味しいと感じました。

投稿: shikamasonjin | 2016年11月21日 (月) 22:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 干し柿出来上がる | トップページ | ヒラタケのてんぷらとお吸い物 »