« 世界遺産「ベラトの歴史地区」 | トップページ | アルバニアのビール »

HOTEL WHITE CITY (1)

2017年1月23日(月) 今回の旅の参加者22名の中に一人参加は14名もおり、男性に限っても6名いる。どうして自分たち3P1240699名が分宿組に選ばれたのか、しかもグランドの付いていないランク落ちの様なホテルにと腑に落ちないまま、19:10旧市街に建つ4階建てのこじんまりしたホテルWHITE CITY(Lagjia 22 Tetori Bulevardi Repubblika Berat. Albania)に到着、一応四つ星なのでその点は安堵したが、はたして入り口が狭くエレベーターもない。ポーターが2階のレセプションまで荷上げしてくれる。部屋はレセプション前に並ぶ3部屋で、NO.1がSさん、NO.2がKさん、自分はNO.3に入る。入って見て吃驚、壁の色がラベンダー色、家具や什器も真っ白でどうにも落ち着かない。それと天井が無駄に高過ぎる。コンパクトな部屋にダブルベッドが1台、P1240694書き物机と椅子、壁掛けTV、ミニバーがあり、クローゼットは奥廊下。浴室にはシャワールームしかないが、ドライヤー、歯磨きセット、シェービングキット、シャンプー、バスジェルが付いており、おまけにスリッパまである。アメニティーは申し分ない。風呂から上がると20:50、明日から又氷点下の雪中行軍となりそうなので、厚手のシャツとセーター、ズボンの準備をし、ウォーキングシューズをしまい登山靴を出す。なかなか快適なベッド、硬さも適度で布団も厚く暖かい。21時半頃潜り込む。(続く)

|

« 世界遺産「ベラトの歴史地区」 | トップページ | アルバニアのビール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 世界遺産「ベラトの歴史地区」 | トップページ | アルバニアのビール »