« イヴォ・アンドリッチ著「ドリナの橋」 | トップページ | 立春大吉 »

晩白柚の果皮のグラッセ

2017年2月3日(金) 果肉を食べた後の晩白柚の果皮でグラッセを作りました。果皮を幅約5㎜に短冊切り(長さも幅も適当)、苦みを抜くために大鍋に入れて茹でこぼし、冷水に晒しました(写真左上)。その操作を2回繰り返してから、果皮と大体同じ量の白砂糖を加え、弱火でじっくり煮詰めます(写真右上)。煮詰めた果皮を平底の浅い容器に広げて室内で乾燥させること丸1日(写真左下)、果皮を1個づつグラニュー糖に絡めると、風味の良い上品なグラッセが出来上がりました(写真右下)。
P2020001P2020002P2020004P2030006








|

« イヴォ・アンドリッチ著「ドリナの橋」 | トップページ | 立春大吉 »

コメント

プロが作ったような出来栄えですね。
美味しそうです!!

投稿: tona | 2017年2月 4日 (土) 08:47

tonaさんへ
おはようございます。お褒めにあずかり恐縮です。工程の最後に、グラニュー糖をからめると、見た目にも美味しそうに出来上がりました。

投稿: shikamasonjin | 2017年2月 4日 (土) 10:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« イヴォ・アンドリッチ著「ドリナの橋」 | トップページ | 立春大吉 »