« 太鼓谷稲成神社(津和野町) | トップページ | 常栄寺(山口市) »

弥栄神社(津和野町)

P22103852017年2月21日(火) 弥栄神社(やさかじんじゃ)の所在地は、島根県鹿足郡津和野町後田67番地、津和野川河畔に鎮座する。祭神は須佐之男命。正長元年(1428)、三本松城主吉見氏が祇園社の分霊を太鼓谷山に勧請したのが始めとされる。永享九年(1437)吉見弘信が社地を下元原(現在地)に遷座し、三本松城の鬼門を守る社とした。創建時より「滝本祇園社」という社名であり、現在の社名に改めたのは慶応三年(1867)のことである。毎年祇園祭の7月20日(ご神幸の日)と27日(ご還幸の日)に行われる国の重要無形民俗文化財・鷺舞は弥栄神社の神事。
P2210388太鼓谷稲成神社にお参りしたのち、再び千本鳥居が林立する表参道の石段を下り、麓にある弥栄神社にお参りする。社殿の傍らに津和野町指定天然記念物、御神木の「弥栄神社の大欅(ケヤキ)」が生えている。樹齢は六百年以上、樹幹におおきな洞ができているが、樹勢今なお盛んな様子。時間が押してきたので、注文しておいたコーヒーを飲み損なっては勿体ないと、集合場所の沙羅の木へ急ぐ。

|

« 太鼓谷稲成神社(津和野町) | トップページ | 常栄寺(山口市) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 太鼓谷稲成神社(津和野町) | トップページ | 常栄寺(山口市) »