« 仙台キノコ同好会 会誌第41号 | トップページ | ギョウジャニンニク »

定点観察・船橋県民の森(船橋市)

2017年3月2日(木) 夜のうちに雨が降ったので久しぶりにきのこ観察へ出る気になる。一旦止んでいた雨が、第1駐車場に着いたときは本降りとなり、傘をさしながらの探索。サガリハリタケとセンボンクヌギタケは盛りを過ぎていたが、純白のツヤウチワタケ(アルビノ?)と、チャウロコタケ、ニクウスバタケ、ヒラタケ、フユノスギカワタケ、それぞれの元気な幼菌を見つける。(写真は、左がセンボンクヌギタケ、右がヒラタケ)
P3020001P3020017

|

« 仙台キノコ同好会 会誌第41号 | トップページ | ギョウジャニンニク »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 仙台キノコ同好会 会誌第41号 | トップページ | ギョウジャニンニク »