« 蕃山で出逢った花ときのこ | トップページ | カタクリ »

大梅寺(たいばいじ)のヒヨクヒバ

P41301232017年4月13日(木) 大梅寺は、松島瑞巌寺を退山した雲居国師(うんごこくし)が此所の白鹿堂跡に来て庵を結び終焉の地に定めた寺で、慶安三年(1650)に創建された臨済禅宗の古道場、所在地は仙台市青葉区茂庭字綱木裏山4番地。
西風蕃山、蛇台蕃山、萱ケ崎山、蕃山に登り、蕃山山頂から大梅寺に下りて来て境内のベンチで一服、傍らに聳えるヒヨクヒバを仰ぎ見る。幹周4.2m、樹高22m、推定樹齢320年の堂々たる巨木は、昭和52年(1977)仙台市の天然記念物に指定されている。因みにヒヨクヒバはサワラの園芸的一変種。 

|

« 蕃山で出逢った花ときのこ | トップページ | カタクリ »

コメント

仙台で山に登られていたのですか。
今地図で見ました。仙台の割合と近くでしょうか。
いつもいつもお元気ですね。
海外旅行も全然ばてないで行かれるのですから感心しきりです。

投稿: tona | 2017年4月18日 (火) 19:39

tonaさんへ
柏に比べると仙台は山が近いので、帰省した折には必ず東北の山に登るようにしています。きのこ観察などで道草の連続、他の人とペースを合わせるのは難しいので、大概ひとりです。残念なことに、昔の様に長時間歩くことはできなくなりました。

投稿: shikamasonjin | 2017年4月18日 (火) 20:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 蕃山で出逢った花ときのこ | トップページ | カタクリ »