« ジョージ・ブルヌティアン著「アルメニア人の歴史」 | トップページ | あぶくまわいん 北醇 2015 »

穂先タケノコと若竹煮

2017年4月27日(木) 近所の公園の隣地との境界に、隣の竹林から侵入したと思われる高さ50㎝位のタケノコが生えていました。誰も取らないし、こんな微妙な所に伸びてもいずれ倒されてしまうので、穂先を頂戴してきました。高さが2mほどに伸びたものでも穂先の部分(30~50㎝)は軟らかく、充分食べられます。地中から掘り取る幼茎よりもエグミが少なく柔らかいので、年寄りには寧ろ有難いぐらいです。ワカメとジャコと一緒に焚いて若竹煮を作りました。
P4250005P4260004

|

« ジョージ・ブルヌティアン著「アルメニア人の歴史」 | トップページ | あぶくまわいん 北醇 2015 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ジョージ・ブルヌティアン著「アルメニア人の歴史」 | トップページ | あぶくまわいん 北醇 2015 »