« 筑波山で出逢った花 | トップページ | 初ガツオ »

ヤブガラシの油炒め

2017年5月3日(水) 先日、五本松公園へ行った時、手賀沼湖畔へ降りて、田んぼの土手でヤブガラシの若芽を摘んできました。巻きひげと葉をむしり取り、茎だけにして、塩を加えた熱湯で茹でること3分、それから半日水に晒してアクと辛味を抜きました。今回はウィンナソーセージと一緒に油炒めにしてもらいました。しゃきしゃきした食感、少しヌルミもあり、僅かに苦味と辛味が感じられます。ビールのつまみにぴったり、美味しいです。
P5010001_2P5030004_2

|

« 筑波山で出逢った花 | トップページ | 初ガツオ »

コメント

ヤブガラシが食べられるのですか。
初めて知りました。
本当の意味で豊かな食生活をしておられますね。

投稿: tona | 2017年5月 4日 (木) 08:52

tonaさんへ
ヤブガラシは、たいていの山菜図鑑に記載されており、都会でも容易に採取できる山菜?なのですが、食べている人は少ないようです。衛生上の問題があるのかもしれません。スーパーで売られている野菜や山菜(栽培品)は、私には大人し過ぎて物足りなく、春になると、アクと癖が強い天然ものが食べたくなります。困ったものです。ありがとうございました。

投稿: shikamasonjin | 2017年5月 4日 (木) 20:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 筑波山で出逢った花 | トップページ | 初ガツオ »