« 世界文化遺産「トロードス地方の壁画聖堂群」 | トップページ | リマソールの海岸散歩 »

キプロスの樹木(1) 樹齢八百年のオリーブ

P51302562017年5月13日(土) ガラタ村のボディトゥ聖堂の傍らに生えていたオリーブの木は推定樹齢が八百年、この3月にモロッコのシャウエンで樹齢200年のオリーブの大樹に出逢って感激したことがあったが、上には上があるもの。ネットで調べてみると、オリーブの木の寿命は長く、300~400年は当たり前、その上、エルサレムには推定樹齢が千年、パレスチナには何と樹齢二千年の古木まであるそうな、どうやって年代測定したのか真偽のほどは定かでないが・・、本当なら物凄い。一度見てみたいものである。 

|

« 世界文化遺産「トロードス地方の壁画聖堂群」 | トップページ | リマソールの海岸散歩 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 世界文化遺産「トロードス地方の壁画聖堂群」 | トップページ | リマソールの海岸散歩 »