« ゴゾ島に咲く白い花ケイパー | トップページ | マルタ土産(3) ジャム2種 »

ゴゾ島/ヴィクトリア市内観光

2017年5月17日(水) 昼食後、ヴィクトリア市内観光(13:00-14:30)。ゴゾ島第一の都会、島の中央に位置するP5171153ヴィクトリア市に移動、大城塞チタデル(The Citadel)の登り口前の広場でバスを下りる。急坂の階段を息を切らして上り城壁内に入ると大聖堂の前に出る。1697~1711年にかけて建立されたバロック様式の堂々たるファサードを持つ教会である。入場すると、内部も見事なバロック装飾で荘厳されている。但し、資金不足で当初載る筈だったドーム建築は取りやめになったとかで、ドーム部分に描かれた天井画はだまし絵、イタリア人画家アントニオ・マヌエルの苦心作で、あたかもそこに壮大なドームが存在するような錯覚を覚える。教会を出て上へ上P5171127へと歩いて行く。メイン通りから岐れる路地はどこもひっそりとしていて、住民の姿は見かけない。やがて平野を一望に見渡す高台に至り一旦解散、14時半のバス駐車場集合までフリータイムとなったので、そこから城壁に上って反時計回りに城壁上の通路を一周する。360度の大展望でゴゾ島内が隈なく見える。丘陵の合間には地中海の青い水平線も覗く。スケールこそ小さいがクロアチアのドヴロヴニクの城壁歩きの雰囲気に似ている。陽射しは強烈、空気は乾いている。とにかく暑い、35℃くらいか。大聖堂前を過ぎたところで城壁を降り、大聖堂右側の建物地下にあるアートギャラP5171138リーなどを見物してから城内を後にする。麓に降り広場に面して建つジャム・蜂蜜専門店を覗き、珍しいのでサボテンの実とザクロの実のジャムを購入する。広場の露店市には国旗、衣料品、帽子、サングラス、魚籠など種々雑多な品物が並ぶ。道向かいの青果店に並んでいるのは、カボチャ、キャベツ、紫キャベツ、ズッキーニ、タマネギ、トマト、カリフラワー、ブロッコリー、アポガド、イチゴ、洋梨、桃など。新鮮で種類も豊富、多分地物であろう。14:40バスに戻り、今朝上陸したイムジャール港へ向かう。

|

« ゴゾ島に咲く白い花ケイパー | トップページ | マルタ土産(3) ジャム2種 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ゴゾ島に咲く白い花ケイパー | トップページ | マルタ土産(3) ジャム2種 »