« 千葉菌類談話会総会&第79回観察会(佐倉城址公園) | トップページ | 御飯岳で出逢った花 »

万座温泉 湯元日進館

2017年6月25日(日)朝から雨、いよいよ梅雨入り本番か。昨年痛めた腰が未だ本調子でないので、今日から3泊4日の温泉湯治、万座温泉へ出かける。10:30出発、江戸川を渡る橋の手前で大渋滞に巻きP6250001込まれ外環三郷西ICまで10㎞余に1時間半もかかる。12:45三芳PAで休憩、お握りを食べ、スタバのコーヒーを飲む。渋川伊香保ICで関越道を出て、道の駅こもちで休憩、妻の運転で国道353号線、145号線を走り道の駅草津・運動茶屋公園で再び運転を替わる。霧が深い志賀草津高原ルート(国道292号線)を慎重に上って草津白根山の先で左折、16:30ようやく万座温泉日進館到着。ハスラーを第2駐車場に入れチェックイン、湯けむり荘27号室に入る。純和室7畳半のこじんまりした部屋にトイレや洗面所はなく、廊下に共同便所(TOTOのウオシュレット)と流しがあり、まさに湯治場的雰囲気P6250004がぷんぷん。お茶請けに笹まんじゅう、高原花豆甘納豆、種なし梅、唐辛子梅茶、ブラックペッパー極旨しいたけスープが付いているだけでも上等か。TV、冷蔵庫(空)、電気ポット、セーフティーボックス、ティッシュボックス、浴衣、歯磨きセット、タオルと、アメニティーも過不足なく揃っており、一泊二食付き6,000円(税込み)と格安なので贅沢は言えぬ。18:00-19:00ビュッフェ方式の夕食。玄米おこわにとろろをかけ、きのこ汁(ブナシメジ、マイタケ)を食べる。他にも甘エビの刺身、野菜の天麩羅(シシトウ、カボチャ、マイタケ)、鶏のP6250005唐揚げ、ナスのしぐれ煮、麻婆豆腐、生野菜などメニュは豊富。デザートも充実しており、マンゴーゼリー、ピーチ寒天、ミニシュークリーム、アイスクリームなど、コーヒーまで付いている。20:00-21:00神戸のオールディーズアカペラグループ、男性6人組のザ・ザビエルズのフロアショーを二階ロビーで楽しみ、CDを1枚購入する(翌26日は、神戸の女性6人組のアカペラグループ、Q.T.Honey(キューティーハニー)のフロアショーがありました)。22:30-23:15一回目の温泉入浴、先ずは本館二階の長寿の湯へ。源泉は、ラジウム北光泉、鉄湯1号、苦湯3号、姥湯の混合泉で、泉質は酸性含硫黄-マP6250009グネシウム・ナトリウム硫酸塩温泉(硫化水素型)(酸性低張性高温泉)、何故かpHの表示がない(昨秋宿泊した万座高原ホテルの源泉のpHは2.3なので同じ位か)。泉温は69℃、温度調節の為に加水こそしているが、循環や殺菌消毒はなし、まあ源泉掛け流しと云える。内湯には姥湯(温泉100%)、苦湯、滝湯、真湯(温泉にあらず、肌の弱い人用)の4つの浴槽があり、露天風呂には姥苦湯とささ湯の2つの浴槽がある。内湯の洗い場は9口、真湯を除き一通り入浴する。いずれもやや温め、白濁の温泉にゆっくり浸かる。風呂上りに一番搾りの35缶を飲み、午前零時頃ダウン。

|

« 千葉菌類談話会総会&第79回観察会(佐倉城址公園) | トップページ | 御飯岳で出逢った花 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 千葉菌類談話会総会&第79回観察会(佐倉城址公園) | トップページ | 御飯岳で出逢った花 »