« 奥の細道三十三霊場 第十六番 善寶寺(鶴岡市) | トップページ | 奥の細道三十三霊場 第十二番 法蔵寺(栗原市) »

加茂水族館(鶴岡市)

2017年6月13日(火)  せっかく鶴岡まで来たことだし、霊場巡りだけでは陰気くさいので、P6130123観光名所の加茂水族館を見学する事に。市立加茂水族館は日本海に面する加茂港の傍にある白亜の建物、13時55分着、臨時駐車場に車を入れる。入館料は1000円、順路前半は普通の水族館と変わらず、庄内沿岸の魚(マダイ、スズキ、キジハタ、ブリ、ヒラメ、クロダイ、ヒゲソリダイ、コショウダイ、マアジ、メジナ、トラフグ、ドチザメ、アカエイ、ホシエイ)、北の魚(コブダイ、クロソイ、タケノコメバル、エゾメバル、タヌキメバル、アイナメ、ケムシカジカ、フサギンポ、ヌマガレイ、オオカミウオ、アメマス、マホヤ、ミズダコ)、海底に咲く花(ダーリアンイソギンチャク、深海性イソギンチャP6130130クの仲間4種類)、エビ・カニ類(ベニズワイガニ、トヤマエビ、モロトゲアカエビ、キタザコエビ、ミツカドホンヤドカリ)、鱈場の魚(マダラ、オオクチイシナギ、コモンカスベ、マアナゴ、クロアナゴ、ユメカサゴ、イズカサゴ、ナヌカザメ、トラザメ、ズワイガニ、毛ガニ)などが展示されている。順路後半は、クラゲ、クラゲ、クラゲ、これでもかという位、世界各地から取り寄せたクラゲ展示の水槽が続く。ミズクラゲの一種(パラオ共和国)、アトランティックシーネットル、ルサーナジェリー(南東ブラジル)、キャノンボールジェリー(南米沿岸)、カトスティラス(東南アジア)、パシフィックシーネットルP6130189(アメリカ西海岸南部)、パープルストライプトジェリー(北米西海岸)、ルテウムジェリー(大西洋)、南洋タコクラゲ(東南アジア)、タコクラゲ(パラオ共和国)、チョウクラゲ(北海道以北)、100年振りに再発見され世界初展示のヒョウガライトヒキクラゲ(フィリピン沿岸域・東南アジア)、キタユウレイクラゲ属(北極圏)、サビキウリクラゲ(日本海)、アマガサクラゲ(駿河湾・富山湾)、オワンクラゲ(欧米)、ウリクラゲ(日本海)、フウセンクラゲ(日本海)、トガリテマリクラゲ(北海道以北)、深海ウリクラゲ(日本海)、カブトクラゲ(日本海)、ラクテアジェリー(南大西洋)、オキクラゲ(日本海)、イP6130170ンドネシアシーネットル(南シナ海)、プロカミアジェリー(東部南太平洋)、アカクラゲ(日本海)、ヤナギクラゲ(北海道)、ニチリンヤナギクラゲ(北海道・ベーリング海)、マレデイベンシス(地中海)、ラビアータ(アメリカ北部)、キタミズクラゲ(能登半島以北日本海・福島以北太平洋)など。姿態といい優雅な動きといい癒し系そのもの、なかでも直径5mの世界最大級の水槽て泳ぐミズクラゲの群れは圧巻。最後にアシカショーを見て15:30退館、外へ出ると日本海の上に鳥海山が浮かんでいる。

|

« 奥の細道三十三霊場 第十六番 善寶寺(鶴岡市) | トップページ | 奥の細道三十三霊場 第十二番 法蔵寺(栗原市) »

コメント

ご無沙汰しております。久しぶりにコメントいたしますが、ブログはいつも拝見し八面六臂のご活躍ぶりに脱帽しております。鶴岡は小生が幼少時に暮らした町で懐かしくとても好きなまちです。昨今も親戚の法事やらで時々行っていますが、加茂水族館にはまだ行っていません。次回には訪ねてみたいと思います。

投稿: ohtakuin | 2017年6月20日 (火) 07:58

ohtakuinさま
いつもブログをお読みいただきまことに有難うございます。加茂水族館は素晴らしい施設でした。市立という事で入館料もリーズナブル、コストパフォーマンスが優れているために、平日でも見学者で溢れていました。ohtaさまの故郷は鶴岡でしたか、鶴岡には朝日連峰など昔登った懐かしい山々があり、体力が許せば又登りたいと思っています。山が無理なら温海温泉でも・・、今後ともよろしくお願いいたします。

投稿: shikamasonjin | 2017年6月20日 (火) 10:32

鶴岡の温泉というと、湯野浜温泉が思い出されます。幼稚園の頃の遠足で湯野浜の手前の砂丘の丘を越え、目の前に日本海が一望できた瞬間の光景が蘇ります。その丘は松林で、友達のお母さんが一抱えもある大きな「ほうきだけ」を見つけ小躍りしていた光景が何十年過ぎても思い出されます。私の数少ない「きのこ」の思い出です。

投稿: ohtakuin | 2017年6月20日 (火) 22:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 奥の細道三十三霊場 第十六番 善寶寺(鶴岡市) | トップページ | 奥の細道三十三霊場 第十二番 法蔵寺(栗原市) »