« ビワ | トップページ | 出羽三山神社(鶴岡市) »

奥の細道三十三霊場 第十四番  羽黒山正善院(鶴岡市)

2017年6月13日(火) 羽黒山荒沢寺(はぐろさん・こうたくじ)の所在地は、山形県鶴岡市羽黒町手向手向232番地、羽黒山修験本宗の本山であり、正善院(しょうぜんいん)は荒沢寺の本坊である。本尊は大日如来・阿弥陀如来・観音菩薩。崇峻天P6130016皇の皇子蜂子皇子(能除太子)によって開かれたと伝えられ、 出羽三山に対する山岳信仰・修験道の寺として古くから信仰されてきた。もとは真言宗の寺院であったが、江戸時代に入ると天台宗に属するようになった。明治初年の神仏分離に伴い延暦寺の末寺となり、第二次世界大戦後の昭和二十一年(1946)、島津伝道が独立して羽黒山修験本宗の本山となった。
今日は鶴岡市にある2か所の奥の細道霊場を訪ねることにし、榴岡のマンションを6:00出発、一般道を走り、関山トンネルを抜け、東根市、尾花沢市、新庄市を通る。酒田の手前で左折、羽黒山へ向かい、9:00正善院着、山門右手のスP6130014ペースに車を駐める。山門の傍らに、鎌倉時代の建久四年(1193)建立の本堂・黄金堂(こがねどう)が国指定の重要文化財であることを示す立札が立ち、山門の柱に「奥の細道三十三霊場 第十四番」の看板がしっかり掛けてある。本堂の前で般若心経を唱えてから、堂内を覗くと須弥壇には金色まばゆい御仏が何体も安置されている。お参りを済ませてから境内を一回り、寛文六年(1666)建立のお竹大日堂(本尊はお竹大日如来)にもお参りし、冥府王の石像など見学する。曾良日記の六月十日の項に、「左吉ノ宅ヨリ翁計馬ニテ、光堂(正善院の黄金堂)迄釣雪送ル」とあるので、羽黒山・南谷の光陽院紫苑寺に一週間近く滞在していた芭蕉が、正善院に参詣した可能性はある。せっかく近くまで来たのだからと、羽黒山山頂の出羽三山神社へ2度目のお参りに行く。

|

« ビワ | トップページ | 出羽三山神社(鶴岡市) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ビワ | トップページ | 出羽三山神社(鶴岡市) »