« 奥州観音霊場 第十九番 新山観音堂(一関市) | トップページ | 奥州観音霊場 第十七番 龍雲山大祥寺(一関市) »

奥州観音霊場 第十八番 松澤山六角堂(一関市)

P61503132017年6月15日(木) 松澤山六角堂の所在地は岩手県一関市花泉町老松字舘平31番地、本尊は如意輪観世音菩薩。
14:55交差点角の園地に建つ六角堂に到着、傍らの草地に車を駐める。呼称は六角堂であるが実物は方形、多分元の御堂が六角形だったのであろう。一関市老松公民館と老松地区お宝保存会が作成した境内の案内板に、「六角堂は奥州三十三観音霊場のうち第十八番札所で、聖武天皇の命により、天平時代(729-748)に茂呂志賀なるものが建立したと伝えられ、如意輪観音菩薩が安置される。当初は観音森金提寺にありましたが、その後豊隆神社境内に移され、文化P6150311五年(1808)には皆川家の土地に観音堂を建立し、現在に至っています。陸中最古の観音堂です」と説明がある。堂守の皆川家がどの家なのか案内がないので分からないが、御朱印は皆川氏宅でもらえる様である。覗き穴からご本尊を拝観し、般若心経を唱えてお参りする。次は本日の巡礼の最後、第17番札所の龍雲山大祥寺へ。

|

« 奥州観音霊場 第十九番 新山観音堂(一関市) | トップページ | 奥州観音霊場 第十七番 龍雲山大祥寺(一関市) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 奥州観音霊場 第十九番 新山観音堂(一関市) | トップページ | 奥州観音霊場 第十七番 龍雲山大祥寺(一関市) »