« 辛子明太子 | トップページ | 初ミョウガ »

大吟醸熟成酒 一朋

P7270001_22017年7月27日(木) 到来物の紹介記事が続いて恐縮ですが・・、福井県勝山市の株式会社一本義久保本店が醸造元の大吟醸熟成酒「一朋(いっぽう)」の720ミリリットル詰め、福井市に先発で単身赴任していた娘のお婿さんに、先に(6月22日)紹介した「梵」と一緒に贈ってもらったものです。ラベルの説明に、『一本義では、毎年醸す大吟醸酒のうち、最上級品質の一定量を冷凍貯蔵庫内で長期貯蔵します。その華やかにして透明感あふれる綺麗な香味には、氷温でゆっくりと熟成させることにより、極上のまろみが加えられます。刻の旨味をまとって目覚めた大吟醸熟成酒、宝のように育てたこの酒が、宝にふさわしい味わいになることを願い「一朋」と名付けました』とあります。なお、朋とは古来より宝を意味するとのこと。原材料に、米(国産)、米麹(国産米)、醸造アルコールを使い、精米歩合30%、アルコール分17度、今晩から飲み始めますが、どんな味わいなのか楽しみです。Kさん、ありがとうございました。

|

« 辛子明太子 | トップページ | 初ミョウガ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 辛子明太子 | トップページ | 初ミョウガ »