« ネマガリタケの炊き込みご飯 | トップページ | 市川トマト »

奥の細道みちのく路三十三霊場満願

2017年7月3日(月) 2008年6月21日の第一番陸奥国分寺から開始した奥の細道みちのく路三十三霊場めぐりを、2017年6月15日の第十二番法蔵寺で結願、漸く巡礼を終える。足掛け10年がかり。もともとは仏教文化振興会(現在解散して存在しない)の創立5周年記念として企画・選定されたもので、純粋な霊場というよりも御朱印ガールなどの参拝客誘致の目的で選定に応じた寺院が多い模様。事実、芭蕉の「おくのほそ道」と曾良の「曾良旅日記」の中で、参詣したり坊宿したりした事実が読み取れる寺院は、下記の太字で示した11寺院のみ、三分の一に過ぎない。集客に効果がなかったものか、既に「奥の細道三十三霊場」の看板を下ろしてしまったところも多い。無駄な時間とお金を使ってしまった感が深いが、「おくのほそ道」と「曾良旅日記」を精読できたことと、普通なら絶対行くことがない土地やお寺さんを訪ねたことで良しとする。

第01番 陸奥国分寺(宮城県仙台市):2008年6月21日
第02番 眺海山仙岳院(宮城県仙台市):2016年6月27日
第03番 虚空蔵山大満寺(宮城県仙台市):2015年5月31日
第04番 青龍山瑞巌寺(宮城県松島町):2008年8月9日
第05番 白華山円通院(宮城県松島町):2009年8月28日
第06番 桂林山禅昌寺(宮城県石巻市):2016年9月27日
第07番 無夷山篦峰寺(宮城県涌谷町):2012年9月27日
第08番 柳津山宝性院(宮城県登米市):2009年1月17日
第09番 白魚山大徳寺(宮城県登米市):2009年1月17日
第10番 長徳山弥勒寺(宮城県登米市):2012年9月27日
第11番 関山中尊寺(岩手県平泉町):2011年10月23日
第12番 愛宕山法蔵寺(宮城県栗原市):2017年6月15日
第13番 弘誓山養泉寺(山形県尾花沢市):2015年6月1日
第14番 羽黒山正善院(山形県鶴岡市):2017年6月13日
第15番 天苗山秀麗斎(宮城県名取市):2015年4月21日
第16番 龍澤山善宝寺(山形県鶴岡市):2017年6月13日
第17番 良茂山持地院(山形県酒田市):2016年6月14日
第18番 松河山海禅寺(山形県遊佐町):2016年6月14日
第19番 皇宮山蚶満寺(秋田県にかほ市):2016年6月14日
第20番 黒瀧山向川寺(山形県大石田町):2015年6月1日
第21番 宝珠山立石寺(山形県山形市):2009年8月27日
第22番 観法山光恩寺(福島県二本松市):2015年9月24日
第23番 宝窟山竹駒寺(宮城県岩沼市):2016年6月28日
第24番 吉祥山繁昌院(宮城県大河原町):2016年6月28日 
第25番 星王山妙見寺(宮城県白石市):2016年6月28日
第26番 大悲山観音寺(福島県桑折町):2015年4月23日
第27番 瑠璃光山医王寺(福島県福島市):2015年4月23日
第28番 瀧寿山観音寺(福島県福島市):2016年9月28日
第29番 文知摺観音(福島県福島市):2015年9月24日
第30番 巨邦山大隣寺(福島県二本松市):2015年9月24日
第31番 和田山岩角寺(福島県本宮市):2016年7月21日
第32番 石雲寺(福島県本宮市):2016年7月21日
第33番 成就山満願寺(福島県白河市):2015年5月27日

|

« ネマガリタケの炊き込みご飯 | トップページ | 市川トマト »

コメント

奥の細道みちのく路三十三霊場満願、おめでとうございます。
もう日本中回ってしまわれたような感じですね。
宮城県、福島県が多いような気がします。奥の細道の関係ででしょうか。
これは大変なことで、その合間に登山もされていて驚きです。次の目標もお決まりでしょうね。

投稿: tona | 2017年7月 6日 (木) 10:38

tonaさんへ
仙台の自宅近くに陸奥国分寺があり、そこへお参りに行ったら、「奥の細道三十三霊場第一番」の看板がかかっていました。こんな霊場があったのかと吃驚し、てっきり芭蕉と曾良が奥の細道行脚の途次に参詣した寺院ばかりと早とちりして巡礼を始めましたが、何のことはない、スタンプラリーの様な寺巡りになり、ご先祖様の供養になりましたかどうか?。芭蕉らが訪れた寺院は、三百数十年の歳月が経つうちに衰退したものもあり(明治初年の廃仏毀釈の影響も大きい)、33ケ寺を揃えることが出来なかったのかもしれません。今は奥州観音霊場巡りを継続しています。それが終わったら、会津観音霊場、最後に仙台観音霊場を訪ねて巡礼を締めくくろうと思っています。

投稿: shikamasonjin | 2017年7月 6日 (木) 18:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ネマガリタケの炊き込みご飯 | トップページ | 市川トマト »